スポンサードリンク

スポンサーリンク




アップル子会社が無線イヤホン新製品Powerbeats Proを開発!!AirPodsも引退か??

 

 

米アップル(Apple)の完全ワイヤレスイヤホンといえばこれまで「AirPods」しかなかった。しかし2019年7月19日、満を持して新シリーズが発売される。アップル傘下の米ビーツ・エレクトロニクス(Beats Electronics、ブランド名はBeats by Dr. Dre)の「Powerbeats Pro」である。

筆者は2016年末に発売された第1世代AirPodsを使っており「そろそろ別の製品に乗り換えようか」と考えていた矢先だった。そんなふうに思っていたAirPods利用者は少なくないのではないか。

Powerbeats Proはアップルの直販価格で2万4800円(税別)。それだけの金額を支払って第1世代AirPodsを引退させる価値があるのか。これを検証する。

 

 

充電ケースに入れた状態のPowerbeats Pro。写真はブラックで今後アイボリー、モス、ネイビーの3色が発売予定
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

ペアリングは数秒で終了、接続端末の切り替えも簡単

まずは開封の儀である。箱を開けると、充電ケースに収められた状態の製品が登場した。充電ケースは存在感たっぷりで、AirPodsのそれと比べてかなり大きい。

充電ケースを開くと、筆者のiPhoneの画面にペアリングを促すインストラクションが表示された。画面の指示に従って充電ケースのボタンを長押しするとあっけなくペアリングが終了する。このあたりの操作性はAirPodsと同等だ。

Powerbeats Proと接続する際のiPhone画面
充電ケースのふたを開くと、iPhoneの画面にペアリング手順が表示される。「接続」をタップして、画面の指示に従って充電ケースのボタンを長押しするとペアリングが完了する
[画像のクリックで拡大表示]
ペアリング時に押す充電ケースのボタン。ちょっと見つけづらい
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

1度ペアリングをすれば、次からは自動的に再接続される。同じApple IDが設定された他のApple製品との接続も簡単だ。Bluetoothの設定画面を開いてタップするだけである。iPhoneにPowerbeats Proを接続中でも、iPadやApple WatchのBluetooth設定画面を開いてタップするだけで接続を切り替えられる。

Apple WatchのBluetooth設定画面
同じApple IDにひも付いた端末であればワンタップでPowerbeats Proに接続できる
[画像のクリックで拡大表示]

第1世代のAirPodsの場合、接続の切り替えに時間がかかったり、ときには切り替えられなかったりすることもある。Powerbeats Proは数秒で確実に切り替えられた。アップルの新しい完全ワイヤレスイヤホン向けチップ「H1チップ」による進化が垣間見える部分だ。

Beats初の完全ワイヤレスイヤフォン「Powerbeats Pro」

Beats初の完全ワイヤレスイヤフォン「Powerbeats Pro」本体の高さは5.6cm、重さは20.3g

「Powerbeats Pro」は、Beatsが設計した、インイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン。Appleが2019年3月末に発売した新しい「AirPods」と同じく、チップに「Apple H1」を採用している。ドライバーユニットは新しく設計するとともにエアフローを最適化。小さいハウジングながら最高の音響設計を実現しているという。

次に読む>>
完全ワイヤレスイヤホンの大本命! Beats by Dr. Dreの「Powerbeats Pro」、間もなく発売!!

Galaxyの完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」、日本で5月に発売
「Galaxy Buds」レビュー! Galaxy S10のオマケじゃない、ワイヤレス充電の魅力を実感できる完全分離イヤ…
モダニティ、シンプル&コンパクトな完全ワイヤレスイヤホン「TOLV-R」

1回の充電で左右それぞれ9時間の音楽再生が可能。マグネット開閉式の充電ケースを使用すると24時間以上音楽が再生できる。Fast Fuel(急速充電)機能を使用すると、わずか5分の充電で最大1時間半、15分の充電で最大4時間半の再生が可能だという。本体は耐汗 / 防沫仕様。

同製品には電源ボタンがなく、付属のケースから取り出すことで電源がオンになり、ケースに戻すとオフになり充電が始まる。未装着時には、イヤホンが使用されていないことをモーション加速度センサーが検知し、自動的にスリープモードになる。

また、両方のイヤホンにコントロール機能を搭載し、左右いずれかまたは両方のイヤフォンで、音楽再生や着信(通話)を操作できる。機能面では、音量調整、一時停止、着信拒否などを搭載。

 

  • 「Powerbeats Pro」ケース

    「Powerbeats Pro」ケース

接続は、レイテンシーの少ないClass 1のBluetooth。iPhoneと接続した場合、「Hey Siri」と呼びかけるだけで、音声アシスタント機能「Siri」が起動する。

auオンラインショップでは、1人1個までの購入。7月19日時点ではブラックのみの発売となり、その他カラーは、8月以降順次追加されるという。モス、ネイビーの2色は、auオンラインショップ、KDDIおよび沖縄セルラーの直営店のみでの販売となる。

なお、「Powerbeats Pro」は各量販店やAmazon.co.jp、Beats直販サイトでも販売を開始している。

 

  • Lightning接続で充電

    Lightning接続で充電