アップルのワイヤレスイヤフォン「AirPods」をリセット(初期化)する方法

ここでは「AirPods」をリセット(初期化)する方法を紹介しています。

アップルのワイヤレスイヤフォン「AirPods」をリセット(初期化)します。
「AirPods」とiPhoneが接続できない場合などのトラブルがある場合、「AirPods」をリセットするとことで解決できる場合があります。
なお「AirPods」をリセットすると、すべてに接続済みのiPhoneとのペアリングは解除されます。

左右の異なるイヤホンを組み合わせて使用する際にもリセット(初期化)が必要になります。
片側だけ壊したり紛失してしまい、別のイヤホンをオークションなどで入手し、組み合わせて使用する際はこの操作が必要になります。

 

 

ネットショッピングをご希望のかたはこちら!!

 

AirPodsをリセット(初期化)する

「AirPods」をリセットします。リセットを行う場合は、AirPodsが充電されていることを事前に確認してください。

1. AirPodsをケースに入れて「設定ボタン」を長押しする

AirPodsを専用ケースに入れて、ケース背面にある「設定ボタン」を長押しします。
1. 「AirPods」をケースに入れ蓋を閉じます。30 秒待ってから、蓋を開きます。
2. ケースに入れた状態で「設定ボタン」を長押しします。
3. 「設定ボタン」はケース背面にあります。

2. 白色→オレンジ色→白色点滅になるまでボタンを押し続ける

「設定ボタン」を押し続けるとケース内の上部にあるステータスランプが白色点滅します。そのままオレンジ色→白色に点滅するまで「設定ボタン」を押し続けることで、AirPodsをリセットできます。AirPodsがリセットされるとiPhoneとの接続(ペアリング)は解除されます。
1. 「設定ボタン」を押し続けると白色点滅します。
2. さらに押し続けるとオレンジ色の点滅に変わります。
3. 再度白色点滅になるとリセットは完了です。

AirPodsとiPhoneを再接続(ペアリング)する

「AirPods」とiPhoneを接続(ペアリング)していた場合は、リセットすると接続が解除されます。

再接続するには、BluetoothをオンにしたiPhoneと「AirPods」を近づけて、ケースを開けることでiPhoneの画面上に接続画面を表示できます。「接続」をタップすることでiPhoneと再接続できます。
1. 「AirPods」のケースを開けます。
2. iPhoneの画面上に表示される「接続」をタップします。
3. 接続が完了したら「完了」をタップします。

初期化のポイント

初期化のポイントは、ランプが白色点滅するまで「設定ボタン」を押し続ける事です。途中で「設定ボタン」から指を離してしまうと初期化が行われず、初期化モードが終了してしまいます。

エアーポッズ(第2世代)のワイヤレス充電ケースの場合、LEDランプがケース正面に配置されていますが、記載の方法で初期化する事ができます。エアーポッズ(第1世代)とエアーポッズ(第2世代)で初期化方法に違いはありません。