アクションカムにも360度カメラにもなるモジュール式「Insta360 ONE R」レビュー!レンズ+センサ交換で便利

 

1月7日に発表されたInsta360 ONE R。

今までのアクションカメラというとスタビライズ機能がとても進化したが、基本的に小さい本体とシンプルな機能というのが各社共通だった。ところがInsta360 ONE Rはモジュール式を採用し、組み合わせ次第でアクションカメラ、360度カメラ、ドローンにも装着できるなど色々な楽しみ方ができるカメラだ。

今回はアクションカムにも360度カメラにもなるモジュール式「Insta360 ONE R」レビューを紹介します。

 

 

Insta360 ONE Rの価格は??

 

 

Insta360 ONE Rは、一眼レフカメラのようにレンズ交換が可能なアクションカメラです。「360度撮影用レンズ」、「4K撮影が可能な標準広角レンズ」「Leicaと共同開発し5.3撮影(5312×2988)が可能な1インチセンサー搭載の広角レンズ」の3種類のレンズを交換できます。

価格は標準レンズのみ付属の4K版が3万9600円。360度撮影用レンズ+標準広角レンズのツイン版が5万9400円。1インチセンサー搭載の広角レンズ版が6万8200円。いずれも税込みです。現在予約受付を開始しており、1月下旬発売予定。

 

 

交換式なInsta360 ONE R

200117_insta360_one_r_review_1-1
Image: Insta360

このアクションカムのカテゴリに新機軸のニューカマーが登場するんです。GoProの超広角とTHETAの360度撮影を合体メカで実現しようとした、1粒で2度おいしいInsta360 ONE R」。これ、カメラモジュールを交換することで機能を変えるスタイルのカメラなのです。

こういったモジュールスタイルは「リコー GXR」などが進めていましたが、現実として難易度が高かったのはみなさまご存知のとおり。さて。アクションカムサイズのブツだとどこまでできるでしょうね…。発売前の試用機をお借りしたのでレビューしてみましょう。ちなみに今回は360度モジュール広角モジュールがセットになった

 

 

カメラのスペックは??

 

4Kワイドアングルモジュールのカメラスペックは、35mm換算で16.4mm/F2.8の単焦点、静止画解像度は最大4,000×3,000(4:3)、動画解像度は最大4,000×3,000(4:3)/30fpsとなる。16:9の場合は3,840×2,160/60fpsが最高となる。一方ハイスピード撮影は1,920×1,080で200fpsまで可能だ。動画コーデックはH.264もしくはH.265で、最大100Mbps。LOG撮影およびHDR撮影にも対応する。

合体できることのメリットの一つは、カメラを逆向きに付けても動作することだろう。つまりカメラと液晶モニターが同じ面を向くことで、セルフィーやネット中継カメラとしても使える。このサイズで本体モニターで自分撮りのモニターができるのは、筆者が知る限りソニー「RX0 II」以来ではないか。

 

 

 

 

もう一つのカメラ部、ツインレンズモジュールも見ておこう。こちらは前後対称位置にレンズがあり、GoProのような形をした360度カメラという事になる。こちらのスペックは、35mm換算で7.2mm/F2.0、静止画最大解像度は6,080×3,040となる。動画撮影時の最大解像度は5,760×2,880/30fpsで、ハイスピード撮影では3,008×1,504/100fpsだ。こちらの動画コーデックはH.265のみで、ビットレートは同じ100Mbps。LOG撮影およびHDR撮影にも対応する。

 

 

優秀なAIによる高性能なアプリケーション

スマホアプリでの編集についても触れたいと思います。特に印象的だったのが360度動画の編集が、360度動画を固定した画角の通常の2Dの動画にクロップして切り出す機能をメインとしていたことでした。切り出し動画を作るニーズが大きいということだと思いますし、実際に切り出し動画を作るには使いやすく改善されているのを実感できました。

また、AIによるオブジェクト認識機能も強化されています。これまでも対象とするオブジェクト(人物など)を選択すると、そのオブジェクトを追跡する機能がありました。しかし、オブジェクトが物陰に隠れたりしてしまうと追跡が終了してしまうというものでしたが、「Insta360 ONE R」のアプリでは対象のオブジェクトが一瞬程度隠れてしまっても、そのまま追跡してくれます。

自動編集モードでもAIが活用されており、360度動画の中で人物が写っているシーンやランドマークの様な目立つ建物が写っているシーンは自動で数秒程度のカメラアングルやスピードが調整された動画に編集し、それらの複数の動画を繋ぎ合わせて1つの動画を自動で出力することができます。

 

 

まとめ

 

今回はアクションカムにも360度カメラにもなるモジュール式「Insta360 ONE R」レビューを紹介でした。

とにかく色々な撮影機材をコンパクトに持ち運べるようになるのは嬉しいですね。