【QUICPay(クイックペイ)】キャッシュレス・消費者還元のポイント還元の上限額と特典内容??

話題のポイント還元!クレジットカードを使うとポイントが付きますが
今話題の【QUICPay(クイックペイ)】も消費者還元の適応がされています!

今回は電子マネーQUICPay(クイックペイ)のポイント還元とその上限などのルールについて説明します。

 

 

キャッシュレス・消費者還元

 

10月の消費増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元策を巡り、電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」が利用者への請求段階でポイント分の金額を差し引くことを決めた。

2019年10月の消費税引き上げ後の需要平準化と国内におけるキャッシュレス推進を目的として、実施される国(経済産業省)の政策です。中小・小規模事業者が運営する店舗で、対象のキャッシュレス手段でお買物すると、最大5%還元されます。

2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、キャッシュレスが普及することで、事業者の生産性が向上し、また買い物をする消費者の利便性向上にもなるという観点で、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、キャッシュレス手段を使った買い物に対して、ポイント還元等の支援するというものです。

実施期間

2019年10月1日(火)~  2020年6月30日(火)

 

参加店舗

経済産業省の「キャッシュレス・消費者還元事業」サイトにてご確認ください。

 

対象となるのはJCBが発行したJCBカードを所持している利用者。カード裏面のカード発行元がJCBであればOK。もしくは、JCBの会員サイト「My JCB」に登録・ログインできるカードであればOKだ。発行元がわからない場合、キャンペーンサイトにアクセスして応募できるかどうかをチェックすればいい。なお、LINE PayのJCBプリペイドカードは残念ながら対象外となる。

実際に還元が受けられるのは、JCBカードを紐付けたApple PayやGoogle PayでのQUICPay支払いのみで、JCBカード自体を使ったクレジットカード決済は対象外なので注意。

このキャンペーンの注目は家族会員のカードも対象になる点。夫婦の一方が家族カードを使っている場合、そちらのカードでもエントリーを済ませておけば20%還元を受けられる。つまり、本会員カードと家族カードでそれぞれ5万円ぶん使えば、それぞれ1万円の還元を受けられる。

もちろん、同様に20%還元を受けられる、アメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いやみずほ銀行のデビッドカードを利用してもいい。これらの詳細は以下の関連記事を参照してほしい。

 

還元の上限金額は1枚あたり10,000円

今回のキャンペーンのポイント還元上限金額は「JCBカード1枚あたり1万円』となっています。

つまりJCBカード1枚あたり、5万円のカード利用をすると最もお得と言えます。

さらに、対象のJCBカードを複数枚持っていればそれぞれにつき、20%キャッシュバックされるというのが特徴です。複数枚というのは「家族カード」も1枚としてカウントされますので、家族カードを持っている人には特に有利な内容になっています。

例として、夫が本会員カード、妻が家族カードを持っている場合を想定します。それぞれ25,000円ずつ(合計50,000円分)利用した場合、本会員に20%の5,000円分キャッシュバック、家族会員にも20%の5,000円分キャッシュバック、合計10,000円分キャッシュバックとなります。

 

QUICPayの便利な使い方

QUICPayを便利に使いたいなら、apple PayやGoogle Payを介してスマホで使えるようにしておくのがおススメです。

iPhoneの場合、iPhone7以上であれば、apple PayでQUICPayが使えます。
Androidの場合、一部機種制限もありますが、ほとんどの機種でGoogle Payを介してQUICPayが使えます。

設定自体も、アプリをダウンロードして登録するカードをカメラで読み込み、SMSなどで本人確認を取れば完了するので、早ければ1-2分程度で完了します。
とても簡単なので、まだ設定してない方は、ぜひ設定しておきましょう。

もっとも、Google Payだと登録できるクレジットカードが限られています
(JCB、ジャックス、ゆめカードの3種類)

AMEXやオリコカード、セゾンカードなどでは登録できないので、androidで使う場合には、所持しているカードを確認しましょう。

 

QUICPay使用でたまるポイント

QUICPayで貯まるポイントについて説明します。

  • QUICPay独自のポイントはない
  • QUICPayと紐付けてあるクレジットカードのポイントが貯まる

たとえばQUICPayの支払方法で、オリコカードを選択すれば「オリコポイント」が、イオンカードを登録すれば、イオンの「ときめきポイント」が貯まります。

 

 

まとめ

今回は電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」のポイント還元について紹介しました。

事業者還元に合わせてそのほかのキャンペーンも実施されておりますのでおすすめです。