【電子QRコード決済PayPay】キャッシュレス・消費者還元のポイント還元の上限額や適用

 

話題のポイント還元!クレジットカードを使うとポイントが付きますが
今話題の【電子QRコード決済PayPay】も消費者還元の適応がされています!

今回はPayPayのポイント還元とその上限などのルールについて説明します。

 

 

キャッシュレス・消費者還元

 

10月の消費増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元策を巡り、PayPay5が利用者への請求段階でポイント分の金額を差し引くことを決めた。

2019年10月の消費税引き上げ後の需要平準化と国内におけるキャッシュレス推進を目的として、実施される国(経済産業省)の政策です。中小・小規模事業者が運営する店舗で、対象のキャッシュレス手段でお買物すると、最大5%還元されます。

 

実施期間

2019年10月1日(火)~  2020年6月30日(火)

 

参加店舗

経済産業省の「キャッシュレス・消費者還元事業」サイトにてご確認ください。

  • 別ウインドウで一般社団法人キャッシュレス推進協議会ウェブサイトへリンクします。

 

還元の詳細は??

還元内容について

キャッシュレス・消費者還元事業」は、消費税率が10%に引き上げられるのに伴い、2019年10月1日から2020年6月30日まで、中小・小規模事業者の飲食店、小売店、サービス事業者でキャッシュレス決済で支払うとポイント還元する、日本政府の事業です。

PayPay PayPay 「キャッシュレス・消費者還元事業」

「キャッシュレス・消費者還元事業」に登録されたPayPay加盟店では、町の八百屋さんや書店などの店舗では5%、コンビニやガソリンスタンドなどのフランチャイズチェーンでは2%のPayPayボーナスが還元されます。

 

PayPayに合わせてキャンペン中!

 

PayPayがポイント還元事業にあわせて実施するのは、「まちかどペイペイ」。期間は10月1日~11月30日。ポイント還元事業の対象店舗のうち、5%還元対象店舗でPayPayを使って支払うと、合計で最大10%のPayPayボーナスが還元される。なお、還元率が2%になるのはコンビニエンスストアなどのフランチャイズ店だ。また、ヤフーカード以外のクレジットカードで支払った場合は、まちかどペイペイやPayPay利用特典の対象外となり、還元事業による5%だけが還元される。

PayPayボーナスの付与は、決済日の翌月20日前後。付与上限は還元事業とまちかどペイペイで異なる。還元事業による付与上限は、1回当たり2万5000円相当まで。1カ月当たりの上限も同様だ。まちかどペイペイの付与上限は、1回当たり1000円相当まで、1カ月当たり2万5000円相当までとしている。

一方で、PayPayは10月1日から、通常還元率を3%から1.5%に引き下げる。抽選で全額(最大1000円相当)が戻ってくる「PayPayチャンス」も、5%だった確率が4%で最大100円相当へ、1%で最大1000円相当のPayPayボーナスが当たるように変更される。

 

さらにさらに500円相当もらえるキャンペーン

 

PayPayは、10月1日から10月31日までの期間に、以下4つのミッションを全てクリアすると、もれなく500円相当のPayPayボーナスがもらえるキャンペーンも実施します。

  1. PayPay 残高へのチャージ
  2. オンラインでのPayPay決済
  3. 実店舗でのPayPay決済
  4. PayPay残高を送る機能の利用

ただし、ヤフオクドームでの「ホークス観戦はPayPayでバリ得!キャンペーン」「スーパーマーケット ライフで10%戻ってくる!キャンペーン」「B.LEAGUEもペイペイペイ!最大20%戻ってくるキャンペーン」での利用は、実店舗での利用とはみなされません。

チャージ金額や決済金額には最低金額が設定される予定で、詳細は後日発表されます。

 

 

還元内上限について

 

還元額の上限は1回の決済あたり25,000円相当、2%還元と5%還元の合計で、ひと月25,000円相当です。

「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗でPayPayを使って決済すると、付与されるPayPay残高の内訳を見ることができるようになります。

PayPay 「キャッシュレス・消費者還元事業」

 

 

 

まとめ

今回はPayPayのポイント還元について紹介しました。

事業者還元に合わせてそのほかのキャンペーンも実施されておりますのでおすすめです。