【電子マネーSuica(スイカ)】キャッシュレス・消費者還元のポイント還元の上限額や3%還元キャンペーン!

話題のポイント還元!クレジットカードを使うとポイントが付きますが
今話題の【Suica(スイカ)】も消費者還元の適応がされています!

今回はSuica(スイカ)のポイント還元とその上限などのルールについて説明します。

 

 

キャッシュレス・消費者還元

 

10月の消費増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元策を巡り、Suica(スイカ)が利用者への請求段階でポイント分の金額を差し引くことを決めた。

2019年10月の消費税引き上げ後の需要平準化と国内におけるキャッシュレス推進を目的として、実施される国(経済産業省)の政策です。中小・小規模事業者が運営する店舗で、対象のキャッシュレス手段でお買物すると、最大5%還元されます。

 

実施期間

2019年10月1日(火)~  2020年6月30日(火)

 

参加店舗

経済産業省の「キャッシュレス・消費者還元事業」サイトにてご確認ください。

  • 別ウインドウで一般社団法人キャッシュレス推進協議会ウェブサイトへリンクします。
Suica登録して貯まるJRE_POINT|JRE_ポイントステッカー

 

上記のステッカーが目印です。このステッカー(加盟店標識)があるお店でSuicaを使うと、ポイントが貯まります。

 

還元の詳細は??

還元内容について

Suicaは、JR東日本が出している「プリペイド式」の交通系電子マネーです。

電車だけではなく、自動販売機やコンビニやスーパーなど多くの店舗で使用できます。

またSuicaは、主要な交通系電子マネー同士で相互に利用可能です。Suica一枚で全国の電車やバスに乗車可能ですので、非常に便利です。

●相互利用可能な主要電子マネー(10種)
Kitaca、Suica、TOICA、ICOCA、SUGOCA、PASMO、manaca、PiTaPa、はやかけん、nimoca

ただし、それぞれポイントシステムが全く異なるのでご注意ください。

※本コラムではSuicaのポイント還元についてのみ解説致します。

(2) 還元されるポイント

これまでは、電車・バス等の運賃はポイント還元の対象外でしたが、10月1日から、JR東日本の在来線の利用でポイントがたまるようになります。

また、グリーン券の購入・定期券購入でもポイント還元されるようになります。

  • モバイルSuica(iphone・android等):50円ごとに1ポイント(2.0%
  • Suicaカード:200円ごとに1ポイント(0.5%

なおご覧の通り、モバイルSuicaと通常のSuicaカードで還元率が大きく異なります。

モバイルSuicaは現在は年会費税込1,030円(通常)かかるというデメリットもあります。

ただし来年2020年2月26日以降、年会費は全面的に無料になる予定ですので現在iphone等でモバイルsuicaを利用せず、普通のSuicaカードを利用している方は、乗り換え検討する勝ちがあると言えるでしょう。

 

ポイントの還元率

Suicaポイント|2種類のマーク

Suicaでの購入金額100円あるいは200円(税込)ごとに1ポイントたまります。2種類のマーク(加盟店標識)があり、どちらのマークかによって、貯まるポイントが変わります

たとえば「NewDays」や「KIOSK」では200円で1ポイント、「acure(自販機)」は100円で1ポイントです。

 

 

 

還元内容のチェック方法

 

なお利用月1ヶ月分のJREポイントが、翌月の上旬に還元され、還元されるポイントはJREポイントの公式サイトの「会員ページ<ポイント履歴」で確認可能です。

■公式サイト
JREポイント公式サイト

 

ポイント還元の注意事項

1.本事業における消費者還元補助について

対象店舗でのお支払いにキャッシュレス決済をご利用いただくと、消費者に消費者還元ポイントが付与される制度を、消費者還元補助といいます。

2.消費者還元補助の方法

(1)付与されるポイントについて
本事業においてOrigami が付与するポイントは、消費者還元補助専用のポイント(以下、専用ポイント)になります。 専用ポイントは、後述される方法でOrigami Pay決済時に即時に付与されると同時に還元されます。 お客様は専用ポイントの蓄積、譲渡をすることができません。
(2)還元のタイミングと手法
専用ポイントは、Origami Pay決済時に決済金額の5%(フランチャイズ店、ガソリンスタンドなどの一部店舗は2%)相当額がOrigami Payユーザー様に付与されます。 付与された専用ポイントは、付与後即時、専用ポイント1ポイントにつき1円として、決済金額から差し引かれて還元されます。 付与された専用ポイントは、付与を受けた決済に対してのみ還元されます。お客様は、取得した専用ポイントの還元を受ける店舗、および還元を受ける決済を自由に選択、指定することはできません。
(3)還元の上限額
専用ポイントによる還元額は、Origami Payでの決済取引1件につき、2,000円までとなります。 決済金額の5%(または2%)が2,000円を超える場合は、還元額の上限が還元率より優先されます。
(例)還元率5%の店舗で50,000円の決済が行われた場合の還元額
【誤】2,500円(決済額の5%)
【正】2,000円(還元額の上限)
※本来1回の決済で行われるべき取引を2回以上に分割して決済することで、上限を超えて還元金を取得する行為を当社が確認した場合、あるいはその蓋然性が高いと当社が判断した場合、当社は不正、不当行為とみなし、後述注意事項に記載の処分を執行します。
(4)還元の確認方法
還元された情報は、Origami Payアプリのレシートの「支払情報」内に、「消費者還元分」として差引金額として記載されます。
レシートは、Origami Payアプリ画面の下部、「メッセージ」を選択後、決済を行った加盟店を選び、対象の取引の「レシートを確認する」を押すことで表示されます。

3.その他注意事項

(1)Origami Pay決済のキャンセル、返金取引が行われた場合は、消費者還元補助で還元された金額も同様に取り消しとなり、お客様はその還元を受領する権利を失います。
(2)消費者還元補助によって還元が行われたOrigami Payの決済取引情報は、当社から一般社団法人キャッシュレス推進協議会キャッシュレス・消費者還元事業事務局(以下「事務局」という)に提供されます。この場合、お客様個人が特定される情報は提供されません。
(3)当社は全てのOrigami Pay決済における本事業の不正、不当取引を監視します。 不正、不当行為が確認された場合、または不正、不当行為が行われた蓋然性が高いと判断した場合、当社は事前の通告なくお客様のOrigami Payのご利用を強制的に停止することができるものとします。 同時に当社は、お客様に不正、不当取引の還元金額の弁償を求め、その弁償手続きを任意に執行することができるものとします。
(4)当社は、事前の通告なく本事業や消費者還元補助の内容を変更および中止をすることができるものとします。変更および中止を行なった場合は、当社ホームページにてご案内いたします。
消費者還元の方法の変更および中止等に起因して、お客様、店舗、その他第三者に損害が発生した場合、当社は原則としてその一切の責任を負いかねます。

 

無記名&JRE POINT未登録Suicaでも4社のコンビニ即時2%還元(10/4追記)

されるようです。上述のとおり、4社コンビニではFC本部が還元事業の補助金処理をするためにできることですね。

ただこれはあくまで還元事業的にはイレギュラーな対応であって、その他の5%/2%店舗ではJRE POINTサイト登録が必要です。

 

JRE POINTは独自にSuica利用で2%還元キャンペーンを実施

JRE POINTは、還元事業とは別で、独自にNewDaysなど駅ナカのJRE POINT Suica加盟店のSuica決済で、2%還元キャンペーンを実施する模様です。期間は還元事業とまったく同じ10/1~翌6/30まで。

駅ビル、エキナカの「キャッシュレスで JRE POINT還元キャンぺーン」
https://www.jrepoint.jp/information/jreast_original_pointback/

このページの下のほうへスクロールすると、JRE POINT Suica対象店舗かつキャッシュレス・消費者還元事業対象店舗で、ポイント2重取り例が表記がされています。

この例によれば、店舗によってはSuica利用2%+消費者還元事業最大5%=最大7%還元パターンもありえるようです。

消費者還元事業は、自社ポイントの上乗せも可能となっています。

 

 

Suica

今回はOrigami Payのポイント還元について紹介しました。

事業者還元に合わせてそのほかのキャンペーンも実施されておりますのでおすすめです。