【電子マネーiD(アイディ)】キャッシュレス・消費者還元のポイント還元の上限額と特典内容??

話題のポイント還元!クレジットカードを使うとポイントが付きますが
今話題の【電子マネーiD(アイディ)】も消費者還元の適応がされています!

今回は電子マネーiD(アイディ)のポイント還元とその上限などのルールについて説明します。

 

 

キャッシュレス・消費者還元

 

10月の消費増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元策を巡り、電子マネiD(アイディ)が利用者への請求段階でポイント分の金額を差し引くことを決めた。

2019年10月の消費税引き上げ後の需要平準化と国内におけるキャッシュレス推進を目的として、実施される国(経済産業省)の政策です。中小・小規模事業者が運営する店舗で、対象のキャッシュレス手段でお買物すると、最大5%還元されます。

2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、キャッシュレスが普及することで、事業者の生産性が向上し、また買い物をする消費者の利便性向上にもなるという観点で、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、キャッシュレス手段を使った買い物に対して、ポイント還元等の支援するというものです。

実施期間

2019年10月1日(火)~  2020年6月30日(火)

 

参加店舗

キャッシュレス・消費者還元事業ロゴ

店頭でキャッシュレス・消費者還元事業共通のロゴマークやポスターが貼られている

 

 

消費者への還元方法・タイミング

 

  • ※ポイント還元はICOCAポイントで行います。ご利用の前日までにICOCAポイントサービスの利用登録(無料)の完了が必要です。

 

駅ナカ
主な店舗
エキマルシェ大阪、梅三小路、クロスト、クラルテ、デリカフェ、麺家、エピソード、ブックスタジオ、カフェ エスタシオン、うまいものプラザ等
ショッピングセンター
北陸エリア
マリエとやま、とやマルシェ、金沢百番街、プリズム福井
京阪神エリア
ポルタ、ザ・キューブ、アルデ新大阪、アルビ大阪、アルビ住道、エスト、ルクア大阪、天王寺ミオ、和歌山ミオ、リブ、ピオレ明石、ピオレ姫路、プリコ神戸、プリコ垂水、プリコ六甲道、プリコ西明石、プリコ三宮
中国エリア
岡山一番街、さんすて岡山、さんすて倉敷、さんすて福山、ASSE(アッセ)、ekie(エキエ)、リピエ、シャミネ松江、シャミネ鳥取
※一部対象外の店舗がございます。

 

対象店舗での1か月間のご利用金額に対して5%または2%のICOCAポイントを付与いたします。
付与されるポイントは小数点以下切捨てとなります。
なお、3か月に1回の頻度でポイント付与をさせていただきます。
付与されるICOCAポイントは、JR西日本の駅に設置された自動券売機等でポイントチャージをすることにより、列車やお買い物でご利用いただけます。

(例)

  • ・2019年10月1日~2019年12月31日の期間にご利用いただいた場合、ポイント付与タイミングは、2020年1月中旬を予定
  • ・2020年1月1日~2020年3月31日の期間にご利用いただいた場合、ポイント付与タイミングは、2020年4月中旬を予定
  • ・2020年4月1日~2020年6月30日の期間にご利用いただいた場合、ポイント付与タイミングは、2020年7月中旬を予定

 

月額15,000ポイントを上限といたします。

 

 

対応している券面(対象となるICカード

 

iD(アイディー)の利用方法

そんな便利なiDの申し込みはカードで行う方法と、アプリで行う方法の2種類があります。
申し込みと設定を完了すれば、カードもアプリもiDの読み取り端末にかざすだけで使用できるようになります。
それぞれの申し込み方法を見ていきましょう。

iD(アイディー)に申し込む

カードで行う場合は、先ほどご紹介したように、ポストペイ型、プリペイド型、デビット型の3種類から選べます。
それぞれ提携会社が違い、特徴も変わってくるので、そのあたりも含めてご説明していきましょう。

ポストペイ型

ポストペイ型は後払いの方式を取っており、クレジットカードにiDを搭載することで使用できるようになります。
つまり申し込みそのものもクレジットカード発行会社へ申請する必要があります。一部の提携会社をまとめました。

ほかにもポケットカードや大和ハウスフィナンシャル、ペルソナSTACIAカード、JGRカードも提携しています。

こちらの方式は後払いなのでチャージをする必要がありません。支払いをしたら後日クレジットカードから引き落とされます。
これではクレジットカードと同じだ思うかもしれませんが、クレジットカードと違って支払い時もサインは不要です。またdポイントも貯まるので必然的にお得となります。

プリペイド型

プリペイド型は従来のチャージ式となります。そのため前もってカードにお金をチャージしておかないと、残高不足になれば使えなくなります。こちらの提携会社は以下の通りです。
・ソフトバンクカード
・チケットレストランタッチ
・d CARD プリペイド

チャージ式は使いすぎ防止には最適なので、ポストペイ型やデビット型だと使いすぎてしまうと言う方にはおすすめです。

デビット型

デビット型は口座残高の範囲内で使用できる支払い方式です。即日引き落としとなるので、口座に残高があるうちは使用できます。
つまりいちいち銀行やATMに走らなくても、買い物できると言うことになります。こちらの提携会社はSMBCデビットのみです。
1社だけなので申し込みにくさはあるかもしれませんが、既にこちらのデビットカードを使用されている方は便利ではないでしょうか。

アプリ

アプリは専用のiDアプリだけでなくApple Payにも対応しています。そのためどちらかのアプリをダウンロードすれば使用することが出来ます。

 

還元内容

TECHCRUNCHJAPAN

iDは、主要なコンビニエンスストアやカフェ、ファストフード店、スーパーマーケットなどで使える。ほかの電子マネーとは異なり、iD独自の還元方法は用意されていない。例えばiDが付帯しているdカード(クレジットカード)の場合、還元上限が1カ月あたり1万5000円で、当月のポイントは翌々月の10日に請求額から差し引かれる。dカードmini(決済アプリ)の場合は、還元上限が1カ月あたり1500円、当月のポイントは翌々月末に請求額から差し引かれる。d払いの場合は、還元上限が1カ月あたり3万円相当(3万ポイント)で翌々月末までにポイントが付与される。

メルペイのiD(プリペイド)の場合は、メルペイの還元ルールに準じる。還元上限は1回あたり1万5000円相当(1万5000ポイント)で、月あたりの上限は3万円相当(3万ポイント)。コード払いの場合は毎週月曜日に前週の還元ポイントが、iDの場合は毎月25日に前月の還元ポイントがそれぞれ還元される。還元されたポイントの有効期限は付与日を含めて90日。

TECHCRUNCHJAPAN

なお、dカードについてはキャッシュレス還元とは別に、2019年10月1日〜2020年3月31日の期間中にさらに5%の還元キャンペーンを実施する。ポイントの上限は、月あたり2000円相当(2000ポイント)。注意したいのは事前にエントリーが必要な点。

 

 

まとめ

今回は電子マネー「電子マネーiD(アイディ)」のポイント還元について紹介しました。

事業者還元に合わせてそのほかのキャンペーンも実施されておりますのでおすすめです。