【電子マネー はやかけん】キャッシュレス・消費者還元のポイント還元!上限付き還元と対象カード

 

話題のポイント還元!クレジットカードを使うと
ポイントがついて便利なのは分かるが、具体的にどの店舗で?どのタイミングで?
送付されるのかわからない方も多いのではないでしょうか??

今回は電子マネー はやかけんのポイント還元とその上限などのルールについて説明します。

 

キャッシュレス・消費者還元

 

10月の消費増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元策を巡り、電子マネー はやかけんが利用者への請求段階でポイント分の金額を差し引くことを決めた。事実上の値引きで、後でポイントを利用できるようになるのだがもちろんリクルートカードも参入している。

2019年10月の消費税引き上げ後の需要平準化と国内におけるキャッシュレス推進を目的として、実施される国(経済産業省)の政策です。中小・小規模事業者が運営する店舗で、対象のキャッシュレス手段でお買物すると、最大5%還元されます。

 

実施期間

2019年10月1日(火)~  2020年6月30日(火)

 

参加店舗

経済産業省の「キャッシュレス・消費者還元事業」サイトにてご確認ください。

  • 別ウインドウで一般社団法人キャッシュレス推進協議会ウェブサイトへリンクします。

 

還元の上限

 

 

経済産業省が10月1日より実施している「キャッシュレス・ポイント還元事業」において、現在、多数のお問合せをいただいているところですが、福岡市交通局が発行する「はやかけん」は、お買い物で利用した際の、いわゆる「お買い物ポイント」の機能が無いことから、ポイントの還元対象となっておりませんのでご了承ください。

 

 ポイント還元制度の対象外となる事業者及び取引は以下の通りです。

  • 対象外となる事業者
    • 国、地方公共団体、公共法人
    • 金融商品取引業者、金融機関、信用協同組合、信用保証協会、信託会社、保険会社、生命保険会社、損害保険会社、仮想通貨交換業者
    • 風営法上の風俗営業(※一部例外を除く)等
    • 保険医療機関、保険薬局、介護サービス事業者、社会福祉事業、更生保護事業を行う事業者
    • 学校、専修学校等
    • 暴対法上の暴力団等に関係する事業者
    • 宗教法人
    • 保税売店
    • 法人格のない任意団体
    • その他、本事業の目的・趣旨から適切でないと経済産業省及び補助金事務局が判断する者
  • 対象外となる取引
    • 有価証券等、郵便切手類、印紙、証紙、物品切手等(商品券、プリペイドカード等)
    • 自動車(新車・中古車)の販売
    • 新築住宅の販売
    • 当せん金付証票(宝くじ)等の公営ギャンブル
    • 収納代行サービス、代金引換サービスに対する支払い
    • 給与、賃金、寄付金等
    • その他、本事業の目的・趣旨から適切でないと経済産業省及び補助金事務局が判断するもの

 

まとめ

今回は電子マネー はやかけんのポイント還元について紹介しました。

ポイント還元をうまく使い、お得に買物を行いましょう!!