【出光カードまいどプラス クレジットカード】キャッシュレス・消費者還元のポイント還元!上限付き還元と対象カード

 

話題のポイント還元!クレジットカードを使うと
ポイントがついて便利なのは分かるが、具体的にどの店舗で?どのタイミングで?
送付されるのかわからない方も多いのではないでしょうか??

今回は出光カードまいどプラス クレジットカードのポイント還元とその上限などのルールについて説明します。

 

 

キャッシュレス・消費者還元

 

10月の消費増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元策を巡り、クレジットカード大手5社が利用者への請求段階でポイント分の金額を差し引くことを決めた。事実上の値引きで、後でポイントを利用できるようになるのだがもちろんり出光カードまいどプラス クレジットカードも参入している。

2019年10月の消費税引き上げ後の需要平準化と国内におけるキャッシュレス推進を目的として、実施される国(経済産業省)の政策です。中小・小規模事業者が運営する店舗で、対象のキャッシュレス手段でお買物すると、最大5%還元されます。

 

実施期間

2019年10月1日(火)~  2020年6月30日(火)

 

参加店舗

経済産業省の「キャッシュレス・消費者還元事業」サイトにてご確認ください。

  • 別ウインドウで一般社団法人キャッシュレス推進協議会ウェブサイトへリンクします。

 

還元の上限

還元内容について

 

15,000ポイント/月(家族カード分も含む)

ポイントの有効期限最長3年間
※年間獲得ポイント(4/11~翌4/10分)は、年間ポイント起算日(4/11)から3年間有効
3年後の5月末に獲得ポイントが一括して消滅

 

還元対象カード

 

  • 出光カードまいどプラス出光カードまいどプラス

    出光カードまいどプラス

  • 出光カード

    出光カード

  • 出光ゴールドカード

    出光ゴールドカード

  • “ザ・ゴールド”出光セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

    “ザ・ゴールド” 出光 セゾン・
    アメリカン・エキスプレス®・カード

  • “ザ・プラチナ”出光セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

    “ザ・プラチナ” 出光 セゾン・
    アメリカン・エキスプレス®・カード

  • 丸亀町出光カードまいどプラス

 

※各カードのすべての国際ブランド、デザイン(色)が対象となります

 

還元のタイミング

 

ポイント

毎月1日~月末までのご利用分(*1)に対する消費者還元分のポイントを翌月20日頃に付与
*1 消費者還元対象加盟店での決済額に限る
※売上データ到着が遅れた場合、還元の時期が遅れる場合がございます

(例)
還元ポイントの付与タイミング

※消費税還元ポイント算出期間(毎月1日~月末まで)とご請求金額算出期間(毎月11日~翌月10日まで)は異なりますのでご注意ください。

 

還元の確認方法

 

ポイント付与月20日頃お届けの明細書の下段または18日頃更新のウェブ明細に、通常ポイントとは別にキャンペーンポイント欄に表示いたします

郵送明細書の場合

(例)ウェブステーションの場合(ご利用明細照会 詳細画面)
ウェブステーションの場合(ご利用明細照会 詳細画面)

 

 

ご利用にあたってのご注意事項

(必ずご確認ください)

なりすまし取引や架空取引等、以下の不当な取引※が発見された場合には、これらの取引に対応するポイントが付与されず、また既に付与されたポイントが取り消されるのみならず、本サービスの利用自体ができなくなり、さらに当該取引により国、補助金事務局又は当社が被った一切の損害の賠償を求められることがあります。
場合によっては会員資格を取り消すこともあり得るため、不当な取引を行うことは絶対におやめください。

※「不当な取引」:

  • ①他人のキャッシュレス決済手段を用いて決済した結果として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること
  • ②架空の売買や、直接又は間接を問わず、自らが販売した商品を同額で再度購入する取引等、客観的事情に照らして取引の実態がないにも関わらず、当該取引を根拠として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること
  • ③商品若しくは権利の売買又は役務の授受を目的とせず、本事業による消費者還元を受けることのみを目的として、キャッシュレス決済を行い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること
  • ④本事業の対象でない取引を対象であるかのように取り扱い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること
  • ⑤本事業の対象取引が取消、解除その他の事由により存在しなくなった、又は現金若しくは本事業の対象外取引である金券等による反対給付が行われたにも関わらず、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること
  • ⑥本事業の対象でない加盟店が対象であると申告することで、他者に本事業における消費者還元に基づく利益を得させること
  • ⑦その他補助金事務局が、補助金制度の趣旨に照らして不当であると判断する取引

まとめ

今回はクレジットカードのポイント還元について紹介しました。

ポイント還元をうまく使い、お得に買物を行いましょう!!