「楽天カード」「楽天Edy」「楽天ペイ」の違い?使い方や仕組み・還元率>>

 

最近楽天から色々な決済サービスが出ていますね。

結婚式場探しやポイントサイトみたいなものまで出てきています。

 

さてそんな楽天ですが実はややこしいことに3つの決済手段を公開しています。

  • 楽天カード
  • 楽天Edy
  • 楽天ペイ

 

今一番ホットなマネーニュースといえば、「スマホ決済」と言っても過言ではありません。PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払いなど各社キャンペーン合戦、スマホ決済が使える店舗もどんどん増えています。

今回は楽天カード、楽天Edy、楽天ペイの違いについて、また中でもどれがお得かについてお伝えしたいと思っています。

 

大手の参入が相次ぐキャッシュレス決済(スマホ決済)

キャッシュレス決済(スマホ決済)アプリをざっとあげると、

・PayPay(ペイペイ・ソフトバンクとヤフー)
・LINE Pay(ラインペイ・LINE)
・楽天ペイ(楽天)
・d払い(ドコモ)
・amazon pay(アマゾン)
・メルペイ(フリマアプリ「メルカリ」)
・プリン(pring)
・pixiv PAY(ピクシブ)
・J-coin Pay(ジェイコインペイ・みずほ銀行)
・QUOカードPay(クオカードペイ・QUOカード)
・りそなウォレットアプリ(りそな銀行)
・はまPay(横浜銀行)
・au PAY(au)
・ゆうちょPay(日本郵政)
・ファミペイ(ファミリーマート)
・ローソンスマホペイ(ローソン) など

このほかにもたくさんありますが挙げればキリがないのでこの辺にしておきましょう。大手銀行や通信事業者などの名前も出てきており、いよいよ出そろった印象です。

 

楽天ペイとは

楽天ペイアプリで払える・送れる・貯められる スマホひとつでお支払い 家族やお友達に送れる お得にポイントが貯まる

楽天ペイは、スマートフォンを使って支払いするサービス。

全国のローソンを始め、さまざまな店舗で使うことができます。

残念ながら今のところ「楽天ペイさえあれば、どこでも支払える!」と言えるほど加盟店が多くありません。

しかし次のようなメリットがあるため、現在では楽天ペイがあるところでは楽天ペイを使うようになりました。

楽天ペイのメリットまとめ

  • クレカよりもポイントがザクザクたまる
  • 財布を持ち運ばなくて良い!
  • クレカよりも支払いがス

 

楽天カード、楽天Edy、楽天ペイの違い

 

まずそれぞれ3つのサービスについてですが、それぞれ決済方法が異なります。

  • 楽天カードはクレジットカード
  • 楽天Edyはプリペイド型電子マネー
  • 楽天ペイはコード決済(QRコード決済)アプリ

 

「プリペイド型電子マネー」とか「コード決済アプリ」とかいきなり言われても、正直ピンとこないと思います。

なので、それぞれの決済について、簡易な図を用いて仕組みと使い方を説明していきたいと思います。

 

楽天カード

楽天カードの仕組み

楽天カードの仕組み

下記のフローで決済が行われます

①楽天カードでお店に代金を支払い

②お店がカード会社に売上を請求

③後日楽天カード使用者に対して、使用分の代金を請求

 

特徴としては決済の流れがシンプルです。

後ほど説明する楽天Edyや楽天ペイでは、事前のチャージであったり支払い方法の登録であったりと、使用までに事前の準備が必要となります。

 

楽天カードの使い方

楽天カードはクレジットカードですので、なんとなくわかりますかね?

お会計の際に、レジでカードを渡せばいいです。

専用の機器でカードを読み取ることで決済が完了します。

 

楽天Edy

楽天Edyの仕組み

楽天Edyの仕組み

下記のフローで決済が行われます

①事前に楽天Edyにお金をチャージ

楽天Edyでお店に代金を支払い

③お店が電子マネー発行会社に売上を請求

④即時に楽天Edyに代金を請求

 

特徴は、何といっても事前の入金素早い引き落としです。

使いたい分だけ事前にチャージしておけるので、現金同様お金の管理が楽になります。

また、使用した代金はEdyの残高から即時に引き落とされるので、現在の残高確認が容易です。

 

楽天Edyの使い方

Edy機能付きのクレジットカードや、スマートフォンにインストールしたEdyアプリを専用の端末にタッチすることで決済が可能です。

 

ただし、前述したように使用したい分のお金を事前にチャージする必要があります。

チャージには様々な方法が用意されており、クレジットカードからの入金や銀行口座からのチャージが可能です。

また少し面倒ですが、コンビニ等を利用することで現金でのチャージも可能です。

毎回チャージが面倒な場合は、Edyの残高が○○円以下になったら、○○円自動でチャージする「オートチャージ機能」もあります。

 

仕組みとしては、SuicaやICOCAといった交通系電子マネーに近い存在です。

 

楽天ペイ

楽天ペイの仕組み

楽天ペイの仕組み

下記のフローで決済が行われます

①事前に楽天ペイでの引き落としカード情報を登録

楽天ペイでお店に代金を支払い

③お店がコード決済会社に売上を請求

④楽天ペイに登録したカード使用者に対して、使用分の代金を請求

 

特徴は、事前に必ずクレジットカードの登録が必要な点です。

カードの登録さえしておけば、スマートフォン一つで買い物となり、残高を気にする必要もありません。

スマートフォンアプリの中にクレジットカードが入っているようなイメージになりますかね。

ただし、あくまでアプリなので、スマホの電源がきれると使用できないという欠点もあります。

 

楽天ペイの使い方

楽天ペイの使い方は大きくわけて、3つあります。

3つの中で実際に使うことになるのは、バーコード決済とQR読み取りの2つです。

また、「楽天キャッシュ」という楽天ペイ内の電子マネーを利用してダイレクトにお金を送る使い方もあります。

ここではこの2つの支払い方法と「楽天キャッシュ」について見ておきましょう。

 

 

 

 

楽天カード、楽天ペイ、楽天Edyの還元率

さて、それぞれの決済方法についてはご説明しましたが、皆さんの関心は還元率ではないでしょうか?

結局どの支払いがお得なの?という疑問についてもお答えしていきたいと思います!

 

楽天カードの還元率

まずは、楽天カード決済時の還元率について説明します。

  • 楽天カードの決済で100円につき1ポイント還元

他には特にないので、1.0%ポイント還元率となります。

 

楽天Edyの還元率

次に楽天Edyですが、楽天カードから楽天Edyにチャージした場合について説明します。

  • Edyへのチャージで200円につき1ポイント
  • Edyでの支払いで200円につき1ポイント

合計で1.0%ポイント還元率となります。

 

、Edyにチャージするクレジットカードや、Edyの支払いでためるポイントを変更することで、楽天ポイント以外のポイントもためることが可能になります。

 

楽天ペイの還元率

最後は楽天ペイについてです。

 

楽天ペイに楽天カードを紐づけていたとと仮定して説明します。

  • 楽天カードから楽天ペイへのチャージで100円につき1ポイント
  • 楽天ペイでの支払いで200円につき1ポイント

合計で1.5%ポイント還元率となります。

 

楽天ペイに紐づけるカードは楽天カードがお得

※キャンペーンのため、予告なく終了する可能性があります

 

コンビニではポイントの3重取りも可能

もし、ポイントを積極的にためている人なら、楽天ペイはさらにおすすめです。

なぜなら、下記の3つ全てのポイントを集めることができるからです。

  1. 楽天ペイなら200円につき1ポイント
  2. 楽天ペイに登録したクレジットカードポイント
  3. dカードやPontaカードの提示で、dポイントPontaポイントも貯まる