とっても便利!! な GoPro Smart remote controlをカメラと ペアリングする方法 

GoProを遠隔で操作出来るリモコン「GoPro スマートリモート」。

いわゆるGoProのリモコンですが、かなりおすすめのアクセサリーなのですが、意外と知られていません。

Goproはスマホと接続しても遠隔操作ができちゃいますが、スマホがなくても操作できちゃうのがこのリモコンです。

せっかくのゴープロを持ってダイビングなどしても、肝心の海の中では使えません。また雨、雪などの水に濡れる場所でもスマホは使いたくないですよね。
そんなときに便利なのが「GoProスマートリモート」!!海でも山でも、どんな環境でも安心して操作できます。

また小さくて軽いので、スキーやスノボをしているときも全く邪魔になりません。手元から自由自在にGoProを操れるっていうのはすごく便利なんです!!

そんなスマートリモートですが、ペアリング方法が接続相手の機種によってかなり違います。ということで、ゴープロとの接続方法をモデルごとに解説していきたいと思います。

カメラと Smart Remote をペアリングする方法

HERO7 Black

1. モード ボタンを押して、カメラの電源をオンにします。
2. LCD スクリーンを下にスワイプして「ユーザー設定」を表示してタップします。
3.「接続」をタップして、「デバイスの接続」を選択します。
4.「Smart Remote」まで下にスクロールし、選択します。
5. リモコンをペアリング モードにします。 

 

HERO6 Black / HERO5 Black

1. モード ボタンを押して、カメラの電源をオンにします。
2. LCD スクリーンを下にスワイプして「接続」を表示し、「接続」をタップします。
3.「新デバイスの接続」をタップして、「Smart Remote」を選択します。
4. リモコンをペアリング モードにします。

Fusion

1.モード ボタンを押して、カメラの電源をオンにします。
2.「Settings」(設定) アイコン (レンチ) が表示されるまで、モード ボタンを繰り返し押し、カメラ前面のシャッター ボタンを押して「Settings」(設定) を表示します。
3.シャッター ボタンを 3 回押すと、「Connection settings」(接続設定) が表示されます。
4.モード ボタンを繰り返し押して、「Connect」(接続) を強調表示し、シャッター ボタンを押して選択します。
5.モード ボタンを繰り返し押して、「SMRTRC」を強調表示し、シャッター ボタンを押して選択します。
6.リモコンをペアリング モードにします。


HERO5 Session

1. カメラで、メニュー ボタンを押してステータス画面をオンにします。
2.メニュー ボタンを繰り返し押して「Connection Settings」(接続設定) まで移動し、シャッター ボタンを押して選択します。
3.メニュー ボタンを押して、「Connect New Device」(新デバイスの接続) まで移動し、シャッター ボタンを押して選択します。
4.シャッター ボタンを押して「GoPro RC」を表示します。
5.メニュー ボタンを押してチェック マークまで移動し、シャッター ボタンを押して選択を確定します。カメラでペアリングが自動的に開始されます。
6.リモコンをペアリング モードにします。


HERO4

開始前に、カメラとリモートが十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

アクション1 – HERO4カメラをペアリングモードにする

1. HERO4カメラをオンにします。
2. 「SETUP」メニュー移動して開き、カメラ上部のシャッターボタンを押して「WIRELESS」メニューを開きます。
3. 「Wi-Fi」メニューで、「REM CTRL」が反転表示されるまで、カメラの前部にあるボタンを押し、シャッターボタンを押して選択します。
4. 「Existing」、「New」、「Back」の選択肢が表示された場合は、「New」を選択します。
5. 次のスクリーンで、カメラは以後3分間、ペアリングモードになることがわかります。
6. カメラを一旦置いて、リモコンを手に取ります。

アクション2 – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオンにします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。これでリモートは、ペアリングモードになりました。

アクション3 – RemoteとHERO4カメラのペアリングを完了する

1. この時点で、カメラとリモコンの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。通常、1分以内に、カメラとリモコンのペアリングが完了します。
2. リモートに別の端末とペアリングするかの確認が表示される場合は、モードボタンを押して 「No」を反転表示してから赤いボタンを押してそれを選択します。代わりに、ペアリング画面(矢印)と接続されたカメラの数(通常は「1」)が表示されます。リモートの赤いシャッターボタンを押して、ペアリング手順を完了します。
3. リモコンにカメラ前面のLCD画面の内容がミラーリングされ、ペアリングが成功したことがわかります。

トラブルシューティング

リモートとカメラを接続できない場合は、次の手順を試してください。

  1. リモートを「新しい」リモートとしてカメラにペアリングします(例:カメラのWi-Fiメニューで「REM CTRL > New」を選択)。
  2. ペアリングがうまくいかない場合は、スマートフォン/タブレットでカメラのWi-Fiネットワークに接続してみます。最初にカメラのWi-Fiメニューで「GoPro App」モードに切り替える必要があります。
 
Session カメラ

開始前に、カメラとリモートが十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

アクション1 – Session カメラをペアリングモードにする

1. 以下のオプションからひとつ選択します。 

これまでにカメラとリモートをペアリングしたことがない場合:

a. Info/Wireless ボタンを1回押してスクリーンの電源をオンにします。 
b.「APP & RC」または「RC」と表示されるまでワイヤレスボタンを押します。
c.上部のシャッターボタンを押して選択します。 

過去にこのカメラをリモートとペアリングしたことがある場合:

a. Info/Wirelessボタンを1回押してスクリーンの電源をオンにします。
b.「ADD NEW」と表示されるまでInfo/Wirelessボタンを押し、上部のシャッターボタンでこのオプションを選択します。
c.Info/Wirelessボタンを押して「RC」を反転表示させ、上部のシャッターボタンでこのオプションを選択します。

2. 次のスクリーンで、カメラは以後3分間、ペアリングモードになることがわかります。
3. カメラを一旦置いて、リモートを取ります。

アクション2  – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオンにします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。 リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。 この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。 これでリモートは、ペアリングモードになりました。

アクション3 – リモートとHERO4 Sessionのペアリングを完了する

1. この時点で、カメラとリモートの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。通常、1 分以内にカメラとリモートのペアリングが完了します。
2. リモートに別のカメラとペアリングするかの確認が表示される場合は、モード ボタンを押して「No」(いいえ) を反転表示してから赤いボタンを押して選択を確定します。代わりに、ペアリング画面 (矢印) と接続されたカメラの数 (通常は「1」) が表示される場合もあります。リモコンの赤いシャッター ボタンを押して、ペアリング手順を完了します。
3. リモートにカメラの撮影設定と録画モードが表示され、ペアリングが成功したことがわかります。



HERO+ および HERO+ LCD

開始前に、カメラとリモートが十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

アクション1 – カメラをペアリングモードに備えて用意します

1. カメラの電源をオンにします。
2. 「SETUP」メニューを開き、カメラ上部のシャッターボタンを押して「WIRELESS」メニューを開きます。
3. Wi-Fiメニューで、「 REM CTRL 」が反転表示されるまで、カメラの前部にあるボタンを押し、シャッターボタンを押して選択します。
4. 「Existing」、「New」、「Back」の選択肢が表示された場合は、「 New」を選択します。
5. 次のスクリーンで、カメラは以後3分間、ペアリングモードになることがわかります。
6. カメラを一旦置いて、リモートを取ります。

アクション2  – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオンにします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。 リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。 この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。 これでリモートは、ペアリングモードになりました。

アクション3 – Remoteとカメラのペアリングを完了する

1. この時点で、カメラとリモートの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。 1分以内に、カメラとリモートはペアリングされます。
2. リモートに別の端末とペアリングするかの確認が表示される場合は、モードボタンを押して 「No」を反転表示してから赤いボタンを押してそれを選択します。 代わりに、ペアリング画面(矢印)と接続されたカメラの数(通常は「1」)が表示されます。 リモコンの赤いシャッターボタンを押して、ペアリング手順を完了します。
3. リモートにカメラ前面のLCD画面の内容がミラーリングされ、ペアリングが成功したことがわかります。

トラブルシューティング

リモートとカメラを接続できない場合は、次の手順を試してください。

  1. リモートを「新しい」リモートとしてカメラにペアリングします(例:カメラのWi-Fiメニューで「REM CTRL > New」を選択)。
  2. ペアリングがうまくいかない場合は、スマートフォン/タブレットでカメラのWi-Fiネットワークに接続してみます。最初にカメラのWi-Fiメニューで「GoPro App」モードに切り替える必要があります。

 
HERO3/3+

開始前に、カメラとリモートが十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

アクション1 – HERO3+カメラをペアリング可能にする

1. HERO3 +カメラの電源をオンにします。 
2. カメラのレンズに向かって左側のWi-Fiボタンを押します。数秒おきに青いLEDが点滅し、カメラのWi-Fiが起動されていることを示します。 
3. Wi-Fiボタンをもう一度押して、カメラ前面LCD画面のWi-Fiメニューを表示します。 
4. Wi-Fiメニューで「Wi-Fi RC」が反転表示されるまで、カメラの前面のボタンを押し、上部のシャッターボタンで選択します。 
6. 次の画面で「New」を反転表示させて選択します。 
7.  「Detach current remote?(現在のリモートを切り離しますか?)」と表示されたら、「Yes(はい)」を選択します。その後、カメラ画面にお互いの方向に移動する2つの矢印が表示されます。これは、カメラがペアリングモードにあることを示します。ご注意 – 画面上の二つの矢印が互いに向かい合って動いている場合のみ、カメラはペアリングモードになっています。

アクション2  – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオンにします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。 リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。 この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。 これでリモートは、ペアリングモードになりました。

アクション3  – Wi-Fi RemoteとHERO3+カメラのペアリングを完了する

1. この時点で、カメラとRemoteの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。 1分以内に、カメラとリモートはそれぞれチェックボックスを画面に表示します。
2. リモートが別の端末とペアリングするかたずねてきた場合は、モードボタンを押して 「No」を反転表示させ、次に赤いボタンを押して選択します。
3. カメラがチェックボックスを表示した後、リモートが Wi-Fi 信号を発したら、リモートの赤いボタンを押してください。リモートの LCD画面がカメラの前部の LCD画面を映し出し、ペアリングが成功したことを示します。

トラブルシューティング

リモートとカメラを接続できない場合は、次の手順を試してください。

  1. リモートを新しいリモートとしてカメラにペアリングします(例:カメラのWi-Fiメニューで「Wi-Fi RC > New」と選択)。
  2. ペアリングがうまくいかない場合は、スマートフォン/タブレットでカメラのWi-Fiネットワークに接続してみます。最初にカメラのWi-Fiメニューで「GoPro App」モードに切り替える必要があります。

HD HERO 2

開始前に、カメラ、リモート、BacPacはすべて十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

アクション1 – Wi-Fi BacPac をペアーリングに備えてください。

1. Wi-Fi BacPacおよびHD HERO2が接続されていない状態で、電源をオンにします。その後、接続します。
2. BacPac側面の電源ボタンを押して、カメラ前面のLCD画面にWi-Fiメニューを表示します。注 – Wi-Fiメニューを表示するもう1つの方法は、カメラの電源およびシャッターボタンを使ってカメラの設定メニューでそれを見つけることです。設定メニューは、レンチのアイコンで示され、Wi-Fiメニューはワイヤレス信号アイコンで示されていることを覚えておいてください。
3. 「Wi-Fi」メニューで、「Wi-Fi RC」が反転表示されるまで、カメラの前部にあるボタンを押し、上部のシャッターボタンを押して選択します。
4. 続いて「New」を反転表示して選択します。
5. 「Detach current remote?(現在のリモートを切り離しますか?)」と表示されたら、「Yes」を反転表示させて選択します。その後、カメラの画面上で、二つの矢印が相互に近づいているのが見えます。これはカメラがペアリングモードであることを意味します。

カメラがペアリングモードにある間に、リモートをペアリングモードにして、お互いを見つけられるようにする必要があります。ご注意 – カメラがペアリングモードになっているのは、お互いの方向に移動する2つの矢印がスクリーンに表示されている間だけです。

アクション2 – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオンにします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンの Setting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。 リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。 この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。 これでリモートは、ペアリングモードになりました。

アクション3 – リモートと Wi-Fi BacPac + HD HERO2カメラのペアリングを終了します。

1. この時点で、カメラとRemoteの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。 1分以内に、カメラとリモートはそれぞれチェックボックスを画面に表示します。
2. リモートが別の端末とペアリングするかたずねてきた場合は、モードボタンを押して 「No」を反転表示させ、次に赤いボタンを押して選択します。
3. カメラがチェックボックスを表示した後、リモートが Wi-Fi 信号を発したら、リモートの赤いボタンを押してください。リモートの LCD画面がカメラの前部の LCD画面を映し出し、ペアリングが成功したことを示します。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ スマートリモート ARMTE-002

新品価格
¥12,800から
(2019/4/18 11:38時点)

Boseのアプリ「Bose Connect」のヘッドホン イヤホン接続・機能一覧!!

Bose® Connectアプリ

Bose® Connectアプリの使用体験を強化します。主な機能:

  • SoundSport® Pulse wireless headphonesの性能を最大限に引き出す
  • ほとんどのApple製品およびAndroid™システムと互換性のある無料アプリ
  • 携帯デバイスとヘッドホンのペアリングが簡単
  • 心拍数をリアルタイムで表示
  • 複数の携帯デバイス間の接続切り替えが簡単
  • 音声ガイドを無効化
  • 最新のソフトウェアでヘッドホンを最新の状態に保つ
  • 音声ガイドの言語や自動オフ機能など、ヘッドホンの設定をカスタマイズ

 

Screenshot_20160820-215523.jpg


Bluetooth接続って、慣れてしまえばそれほど面倒なものではないのですが、たまにしかしないし、ましてや初めてだと戸惑うことも。
スマートフォンヤタブレット、そしてPCでBluetooth対応の機器(今回の場合はヘッドホン)を使おうとした時、最初に一度だけ「ペアリング」という設定が必要になります。この設定、どこにそのメニューがあるのか探したり、どのボタンをいじれば良いのか慣れないとあたふたしてしまうもの。そんな面倒をなくして、画面の説明を観ながら誰でも簡単にできるようにしたのがBose Connectアプリです。

Google PlayやApp Storeから“Bose Connect”で検索してもすぐに見つかります。ダウンロード&インストールしてください。
アイコンはこんな感じ。この模様は何をイメージしているのでしょうかね。「耳」なのかな?!

BoseConnect.png

 

★ つなげてみた

早速、動かしてみました。

 

ヘッドホンの電源を入れます

POWER/BLUETOOTH (電源/Bluetooth)ボタン

 
 
 

Bose® Connectアプリをダウンロードして画面上の接続手順に従う



繋げたいヘッドホンの電源を入れ、Bose Connectを立ち上げてください。すると、接続可能なヘッドホンのイメージが現れます。


接続させる場合、画面の指示通りにイメージ(ヘッドホンの絵)を下にドラッグ(指で引っ張る)してください。すると、自動的に接続設定になります。
この操作は、初めて接続する時だけで大丈夫。二度目からはヘッドホンの電源を入れると自動的に接続してくれます。もちろん、スマートフォン側のBluetoothをONにしておく必要がありますが。

Screenshot_20160821-230440.jpg



最初に接続させようとした時、ヘッドホン側が接続設定準備の状態(ペアリング設定状態)になっていないと、設定ができません。その場合、下の画面のようにヘッドホン側をペアリング設定状態にしろ、とメッセージが出ます。見ての通り、イメージに指示されたように、ヘッドホン側のボタンを操作してください。Bose QuietComfort 35 wireless headphonesの場合は、電源ボタンをさらにスライドさせ、ちょっと(数秒)そのままにしてから手を離してください。ペアリング設定状態になると、ヘッドホン側のランプが点滅し始めるのですぐに分かります。

Screenshot_20160821-230615.jpg



ペアリング設定が完了すればOK。
繋げたヘッドホンに名前を付けておくことも可能です。一台しかヘッドホンを持っていないならばあんまり意味はないでしょうが、何台かある時にはパッと見分けが付いていいかも。
デフォルトでは、ヘッドホンの製品名が設定されています。問題なければそのままどうぞ。

Screenshot_20160821-230655.jpg



接続されるとこんな感じで表示されます。音量を示すバーがあるくらいのシンプルな画面ですね。
歯車のアイコンは、いつもの通りの「設定」呼び出しボタンです。

Screenshot_20160821-230830.jpg



設定画面はこんな感じ。

Screenshot_20160821-230905.jpg



設定の「音声ガイド」をオンにしておくと、ヘッドホンのスイッチを入れた時やバッテリー切れの時など、その名前の通り、音声でアナウンスしてくれます。起動時にはバッテリー残量や、どのデバイスに接続されたかなどを教えてくれるので便利ですよ。
最初、英語モードになっているかもしれません。日本語に変えたい時には設定画面で変更できます。対応している言語のリストが出てくるので、日本語を選択してください。

Screenshot_20160821-230854.jpg


ちなみに、例えばこの音声ガイドの言語設定変更は、ヘッドホン本体だけの操作でも(もちろん)可能です。

  1. 音量ボタンの+と-を同時に長押しする。
  2. 音声ガイドが流れ出したら、+または-ボタンを押していくと言語が切り替わる。
  3. 設定したい言語が聞こえたら、マルチファンクションボタン(+-音量ボタンの真ん中にあるボタン)を押す。

 

BlackBerry(ブラックベリー)SIMフリーのスマホの人気ランキング!!

BlackBerry(ブラックベリー)は、カナダブラックベリー(旧リサーチ・イン・モーション)社が開発し、現在は中国TCL集団などが企画・製造・販売を行っている携帯端末と関連するサービス

日本ではあまり見ませんが。実はコアなファンも存在する人気メーカです。

ということで今回はスマホの商会を行います。

第5位 BlackBerry Q10

q10

BlackBerry Q10はOS10シリーズになってからの

第一弾のQWERTYキーボードも出するです。

海外SIMフリー版しかなく、日本未発売モデルとなります。

発売当初は日本語に対応していなく、難ありか?

という話題にもなりましたがOSアップデートに伴い、

日本語化になり人気商品となりました。

Q10にはトラックパッドがないのと

それまでのOS7との違いに慣れが必要だったスマホです。

 


第4位 BlackBerry Torch 9810

BlackBerry Torch 9810

BlackBerry Torch 9810 はBlackBerry OS7搭載で

BlackBerryでは珍しいスライド式の

大画面タッチスクリーン&QWERTYキーボード端末。

BlackBerry Torch 9800の後継機でもあります。

その独特なデザインは、多くのBlackBerryユーザーを魅了しました。

少し重量があるので重たく感じる方もいたかと思いますが、

販売終了になる最後まで人気のモデルでした。

 


第3位 Blackberry Classic

Blackberry ClassicBlackberry ClassicwBlackberry Classicb

 

Blackberry Classicは2014年12月発売。

BlackBerry OS 10搭載で

QWERTYキーボード対応のスマホです。

当時、BlackBerryユーザーさんからは

待ちに待った待望のモデルです。

最大の特徴はトラックパッドの復活ですね。

その形はBlackBerry 9900を彷彿とさせるデザインでした。

そして一部Android OSも使える事で、実用的でもある現行販売モデルです。

しかしBlackberry Classicは既に生産終了となってしまい僅かしか在庫がありません…。

 


第2位 Blackberry Bold 9900

BlackBerry 9900

 

Blackberry Bold 9900はBlackBerry OS7を搭載した

Black Berry Bold & Torchシリーズです。

WebkitベースのWebブラウザを搭載していて

BlackBerry史上最速のWEBブラウジングということで

当時はこのBlackberry Bold 9900旋風が起こりました(笑)

またBlackberry Bold 9900はドコモからも発売していて

販売終了後も再発売したりとドコモ版も人気でした。

ドコモのBISサービスが終了するので、

現在も使用の方は殆どは電話での使用という形なってしまいます。


第1位 Blackberry Bold 9780

9780

 

Blackberryスマホ、堂々の1位は

Blackberry Bold 9780!

Blackberry Bold 9780は前作のBlackberry Bold 9700と

見た目やサイズ、重さは同じですがメモリが倍増になり

9700より大きく進化しました。当時、最新OSである

BlackBerry OS 6で現在のモデルと比べると

ブラウジングの速度は劣りますがバッテリーの持ちが良く

2,3日充電しなくても使用できたのが

今では考えられない事ですね。また大きさ、サイズ感も絶妙で

「Blackberry史上最強」と呼ばれたスマホです。

『Jabra Assist』の便利機能一覧と接続の設定・使い方!

Jabra Assist アプリは使いやすくシンプルなスマートフォンアプリで、製品の利用価値をさらに高めます。今回、新機能がいくつか追加されました。

 

Find my car

ヘッドセットを見失うことがありません。 ヘッドセットを使用するたびにその位置にジオタグが付くため、紛失してもスマートフォンのマップ上で場所を特定できます。ヘッドセットから音を出して、さらに簡単に探し出すことができます。

通話時間のモニタリング


バッテリメーター

シンプルなビジュアル表示で、Jabraデバイスの残りの通話時間を確認できます。Android では、Jabra 機器のバッテリー残量が 10% 未満になるとアプリから通知されます。

この機能は、Android 電話のほとんどのヘッドセットと、一部の iOS のヘッドセットで使用できます。
Works with:

All devices supported by the app

ハンズフリー


テキストメッセージの読み上げ

着信テキストメッセージを読み上げる機能が搭載されました。完全なハンズフリーの実現です。Google Now を使って、テキストメッセージに返答することができます。

Android のみで利用可能です。

セットアップガイダンス


デバイスのペアリング

ペアリング方法やJabraデバイスを最大活用する方法を説明するアニメーションガイドに、簡単にアクセスできます。

Works with:

All devices supported by the app

Works with:

言語


言語の選択

Jabra Eclipse は、10 の言語に対応しています。アプリ経由で優先言語を変更できます。

 

接続方法

 
①まず、Play Storeから「Jabra Assist」をインストールします。(Androidで解説しています)
 
 
 
スマホBluetoothをオンにします。
f:id:takuma0321:20160207124409j:image
 
 
③アプリを開き、「新しいJabra機器に接続」を選択します。
f:id:takuma0321:20160207131952j:image
 
 
④接続したいデバイスを選択します。
 
 
⑤ヘッドセットのBluetoothをオンにします。
 
 
 
⑥上部のカバー部分を3秒押し続けます。
 
 
⑦接続完了です。ヘッドセットからは女性の声で「接続完了」とアナウンスが聞こえます。
 
 
これで電話やLINE等で通話可能になります。

ボーズの “入眠サポート用” 完全ワイヤレスイヤホン BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDSのレビュー

Bose noise-masking sleepbuds

ボーズの “入眠サポート用” 完全ワイヤレスイヤホン「Bose noise-masking sleepbuds」

音楽用の完全ワイヤレスイヤホンのようにも見えますが、スマホとのペアリングは本体の機能設定、またプリセットされている入眠サポート用音源を選択するところだけに使います。
スマホから音楽をストリーミング再生したり、ハンズフリー通話の用途は想定されておりません。
単体で使うことが前提のスマートデバイスです。

現物を見た第一印象は、まずは充電器を兼ねた専用ケースが軽くて小さいこと、そしてさらにイヤホンのサイズが圧倒的に小さいことに驚きます。
スタビライザーと一体化されているシリコン製の専用チップ「StayHear+ Sleep tips」を外した状態なら重さは約1.4g、直径は1円玉以下というサイズ感です。
耳に着けても、その存在を忘れてしまうほどです。

Bose noise-masking sleepbuds外観画像

イヤーチップのサイズはS/M/Lの3種類。
スマホで専用アプリ「Bose Sleep」をインストールし立ち上げると、イヤホンのセットアップガイドが表示されます。
ここでユーザーの耳に合ったイヤーチップを選ぶことの大切さなど、丁寧な解説が表示されます。眠りに就くときに煩わしく感じられる外音ノイズを完璧にシャットアウトするために、まず遮音性を最大限に確保することが大事になるということです。

早速Bose sleepbudsを装着して眠ってみます。
今回は自宅での使用のため元々大した騒音はなく、そのため人の話し声や生活音などが本機でどれぐらい消せるのか成果を得ることはできませんでしたが、換気扇や冷蔵庫など家電から聞こえるファンノイズの煩わしさは、本機でしっかり消すことができました。

アプリから「Cascade(滝の音)」「Circulate(タービン音)」「Downstream(川のせせらぎ)」などのプリセットサウンドを選び、いい感じにノイズが聞こえにくくなる音を探します。プリセットの音自体が心地よく感じられないと、いくらこういった最新ガジェットを使っても安眠は得られないので、好みに合う音を選びましょう。

イヤホンの耳当たりに関しては、装着してしまえば耳にあることを忘れてしまうぐらいなので、枕に耳をくっつけて横になっても違和感はまったく感じませんでした。

また、Bose sleepbudsは本体が防滴加工されているので、多少寝汗をかいて本体が濡れてしまっても安心です。

内蔵バッテリーは、安定した給電能力と長寿命を優先して酸化銀電池となっています。一度のフル充電に約8時間かかるところが、多少不便を感じるてんではありますが、フル充電から約16時間の連続駆動に対応していることや、発熱の心配がないことは酸化銀電池ならではのメリットです。

Bose noise-masking sleepbuds内部構造

本機はあくまで眠りを妨げるノイズをマスクする特殊な音を再生するためのデバイスです。アクティブNCの機能はありませんし、ユーザーの入眠サイクルをコントロールしたり、深く眠りに就いている状態(ディープスリープ)を維持するための機能は搭載されていません。

心拍など生体データを取得するためのセンサーも非搭載です。

ちなみにボーズは、本機を着けて寝ているときにも火災探知機の警報や赤ちゃんの鳴き声などはしっかりと聞こえるよう、マスク音の効果をチューニングしているといいます。
実際に側で話している人の声は、本機を着けていてもそこそこ聞き取れてしまうし、救急車のサイレンなど甲高い音には注意を向けられます。

本体の質感、遮音効果ともに、長年に渡ってプレミアムクラスのプロダクトを手がけてきたボーズらしい洗練された製品だと思います。

一点だけ気をつけなければならないのは、寝ているあいだ、絶対に耳から外れないという製品ではないこと。目が覚めたら片耳だけ見当たらないということがありますので、特に外出先での使用には注意して下さい。

慣れない旅先のホテルなどだとベッドの隙間、床に本体を落として行方不明になることもありますので。

BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS ノイズマスキングイヤープラグ

新品価格
¥32,400から
(2019/4/14 15:02時点)

コスパ最強ワイヤレスヘッドセット『Jabra Classic』レビュー!仕事のテレカン用に!

仕事用にワイヤレスヘッドセットを探しているなら、まずこれを買っとけば間違いないと言える一品『Jabra Classic』

音声通話向けにチューニングされているため、音楽を聴くのに不向きではあるものの、そのぶん仕事のテレカン用に使うならコスパ最強になりますのでご紹介します

 

Jabra CLASSICの仕様

Jabraの「CLASSIC」の仕様や付属品は以下の通りです。

アクセサリー

内容物:イヤージェルパック、イヤーフックパック、ゴム USB ケーブル

  • 重さ:約10g
  • 大きさ:親指程度
  • ワイヤレス規格:Bluetooth 4.0
  • 連続再生時間:最大9時間
  • 待受時間:最大216時間
  • 自動スリープ機能(パワーナップ)あり
  • 2台のデバイスとペアリング可能
  • 日本語音声ガイダンスあり(ペアリング状況、電池残量など)
  • ボタン操作可能(電源、音量、通話応答/終了、ミュート)
  • 左右装着切り替え可能
  • ブラック、ホワイト、レッドの3色展開

デザイン

 

GearDiary Jabra Classic Bluetooth Headset Review- Simple, Clear Conversations for Less

 

ツルッとした表面に「Jabra」のロゴ。

全体がボタンになっていて、ロゴのあたりをカチッと押下可能。

Bluetooth接続や通話/終了の制御ができます。

 

Jabra Classic は極めて簡単に使用できるヘッドセットです。

オン/オフスライダースイッチに加え、ヘッドセット側面にある音量コントロールや前面中央にある応答/終了ボタンなど、すべてが簡単に操作しやすい場所に配置されています。

 

音質について

GearDiary Jabra Classic Bluetooth Headset Review- Simple, Clear Conversations for Less

 

音質について通話のときは特に音質に問題は感じないのですが音楽を聴いていると気になることがあります

特に低音には弱いようで音の厚みを感じるのには不向きですまた外で歩きながら聴いていると時折音が途切れてしまうことがあります再生自体はきちんとできているはずなのでイヤホン側の問題でしょうね通話はそういったトラブルが起こったことはありません

 

ハンズフリーで効率も向上

Jabra Classic のクラシックな Bluetooth 対応ヘッドセット 機能で日常業務の効率を向上させましょう。このヘッドセットには隠されたパワーが潜んでいます。Jabra Classic は複数の装着オプションから完璧に耳にフィットするスタイルを選び、1 日中ハンズフリー通話ができるよう設計されています。

ヘッドセットの音声ガイダンス機能は、機器とのペアリング方法、バッテリー残量、発信者を教えてくれます。これらの操作はすべてハンズフリーで行うことができます。

 

Jabra CLASSICのレビューまとめ

3,0004,000円程度と考えるととりあえずワイヤレスのイヤホンが欲しいと考えている人にはこの価格帯のイヤホンとしては試してみる価値のある商品だと思います

 

2台のデバイスとペアリングでき、しっかりと音声通話品質が保たれている。しかも軽くて小さく取り回しが抜群によい。

 

場所にとらわれず働くノマドワーカーや、ロケーションフリーが当たり前のビジネスパーソンにはうってつけの商品になります。

iPod classicディスクモードを起動とメインメニューのカスタマイズ方。

 

今人気の【iPod classic】発売終了ですが、現在は定価以上の値段で取引されています。ただ基本中古品なので説明書が入っておらず、操作法がよくわからない人多いと思います。

iPod classicのメインメニュー画面をカスタマイズする

ということで簡単な操作法を説明致しました。

 

1. メインメニュー設定を表示する

iPodのメインメニュー画面から「設定>メインメニュー」を選択します。

iPod iTunes 接続

2. メインメニューに表示したい項目を選択する

メインメニュー画面に表示したい項目にカーソルを合わせ”センターボタン”を押します。

iPod センターボタン

3. チェックマークを確認する

右側のステータスにチェックマークが付きます。ステータスにチェックマークが付いている項目がメインメニュー画面に表示されます。

iPod センターボタン

 

タッチホイールまたはスクロールホイール付きの iPod

タッチホイールまたはスクロールホイールの付いた iPod の場合、ホイールの上部または周囲にボタン (「前へ」「MENU」「再生/一時停止」「次へ」) があります。

ディスクモードを使うには、以下の手順を実行してください。

  1. iPod が充電されていることを確認します。
  2. ホールドスイッチをスライドさせてオンにしてから、オフにします。
  3. iPod をリセットします。「再生/一時停止」ボタンと「MENU」ボタンを同時に、Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。Apple ロゴが表示されたら、ボタンを放します。続いて、「前へ」ボタンと「次へ」ボタンを同時に、ディスクモード画面が表示されるまで押し続けます。iPod をリセットした場合、音楽とデータのファイルは保存されますが、カスタマイズした設定内容は失われることがあります。
  4. iPod をコンピュータに接続します。iPod の画面に「接続を解除しないでください」と表示されます。必ず iTunes で iPod の取り出し操作をしてから、コンピュータと iPod の接続を解除してください。

ディスクモードを終了するには、センターボタンと「MENU」ボタンを同時に、Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。

iPod のホイールの上に並んだボタン

iPod (Dock Connector) 
 

 

タッチホイールまたはスクロールホイール付きの iPod

iPod classicの基本的な操作方法は!!強制的に再起動する場合は??

今人気の【iPod classic】発売終了ですが、現在は定価以上の値段で取引されています。ただ基本中古品なので説明書が入っておらず、操作法がよくわからない人多いと思います。

 

ということで簡単な操作法を説明致しました。

 

メニュー画面での各ボタン操作について

iPod classic

 電源をオフ、オンにする

電源を切るには、「再生/一時停止ボタン」を長押しします。電源をオンにさせるにはいずれかのボタンを押します。

 メインメニュー(ホーム画面)に戻る

「MENUボタン」を長押しすることでメインメニューに戻ることができます。

 誤作動を防止する

「HOLDボタン」をスライドさせることですべてのボタン操作ができなくなり、誤作動の防止ができます。

曲を再生中の各ボタン操作について

iPod classic
 

iPod classic を強制的に再起動する

  1. ホールドスイッチをロック解除の位置にしっかりと固定します。
  2. 「MENU」ボタンとセンター (選択) ボタンを 8 秒以上、または Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。

問題が解決しない場合は、以下の点を確認してください。

  • iPod を机やテーブルの上に置いた状態でもう一度お試しください。その際、センターボタンを押すときに、クリックホイールに触れないように気をつけてください。また、「MENU」ボタンを押すときは、クリックホイールの中央寄りではなく外側を押すようにしてください。

今人気の【iPod classic】発売終了後・レトロの外観レビュー

iPhoneなど、スマートフォンの普及にともない、昨今では音楽プレイヤーで音楽を聴くということが少なくなった。Bluetooth接続や音楽系アプリでイコライザの調整などもできるので、今や音楽を楽しむスタンダードな端末はスマホということになるだろう。
 
バッテリ持ちに不安な面もあるものの、通勤の移動中に聴く程度なら1日余裕で電池が持つ。しかしいまiPodの需要が高まり、定価以上の値段で売買されている・・・
 

なぜ今iPodなのか

 今更iPodを購入する人は少ないと思うが音楽プレイヤーを別にもち歩くメリットは確実にある。

  • 音質にこだわりたい人
  • 容量に小さいスマホを使っている人
  • iPod classicが発売中止のため特別感

また、iPhone7からはイヤホンジャックが廃止されると言われているので今使っているイヤホン、ヘッドホンで音楽を聴く場合は重宝しそう。

「アイポッド クラシック」の画像検索結果

ipod classicの外見

kizu.JPG

appleが鏡面仕上げをしていた頃に発売されたものなので裏面は鏡面になっている

 

これはアイポッドクラシックのおすすめポイントで非常に美しい。

 

しかし鏡面はカバーをつけなければ傷つきやすい欠点がある。

 

しかし、故・ステーブ・ジョブズ逸話に
 
スティーブ・ジョブズは、iPodの外見を損ねるものにはカバーであれ何であれ、非常に敏感に反応するのだ。
私は彼とのインタビューを録音する際に、外付けマイクとiPodを持っていったことがある。“iSkin”という透明プラスチックのカバーをつけたiPodを鞄から取り出した途端、彼は私に名画「モナリザ」に牛の糞をなすりつけた犯罪者を見るような目を向けたのだ。
もちろん私は、繊細なiPodに傷や汚れをつけたくないのだと言い訳したが、彼は聞き入れようとしなかった。
 
「僕は、傷ついたステンレスを美しいと思うけどね。僕たちだって似たようなもんだろう? 僕は来年には五十歳だ。傷だらけのiPodと同じだよ」
 
当時、傷だらけであることを美しいとする使い込んだレトロな使用感が新品に変わる美しさが表現されており、これはアイフォンにも出せない魅力かもしれません。
 

iPodの音質について

音質に関して言えば特段良くはない、iPhoneやandroidのスマホと同等だし

同価格帯であるwalkmanと比べられると音質は劣ってしまう。

しかしその音質のチープさが当時に聞いていた懐かしい音楽を再現してくれる。

そんな音質のスペックなどにとらわれない楽しみ方があるのがアイポッドクラシックなのではないでしょうか。

 

容量以外に勝っているものはない・・・それでもロマンが

考えればすぐわかるだろう。

「iPod classic」が「iPhone」、「iPad」に勝る点は『容量』のみ。

しかしいまではクラウドや別メモリの存在があるがそれでも

音質に拘るもよし見た目に拘るもよいい。

今は中古で15000〜20000円で購入することができて容量も申し分ないのでiPod classicはお勧めできる音楽プレイヤーである。

HUAWEI 新作「P30 Pro」「P30」発表!20からの進化は??スペック・カメラ性能

 

 

ファーウェイは3月26日(現地時間)、フランス・パリで開催した発表会において、スマートフォン「P」シリーズより、最上位モデル「P30 Pro」および標準モデル「P30」を発表した。

■「P30 Pro」

主な仕様は、プロセッサーが「Kirin 980」。メモリーとストレージ構成は、メモリー6GB+ストレージ128GB、メモリー8GB+ストレージ128GB/256GB/512GB。バッテリー容量は4200mAh。IP68相当の防水防塵性能を装備。OSは「Android 9.0」をプリインストールする。

本体サイズは73.4(幅)×158(高さ)×8.41(奥行)mm、重量は約192g(バッテリー含む)。ボディカラーは、Amber Sunrise、Breathing Crystal、Pearl White、Aurora、Blackを用意する。

■「P30」

主な仕様は、プロセッサーが「Kirin 980」。メモリーとストレージ構成は、メモリー6GB+ストレージ128GB、メモリー8GB+ストレージ128GB。バッテリー容量は3650mAh。IP53相当の防水防塵性能を装備。OSは「Android 9.0」をプリインストールする。

本体サイズは71.36(幅)×149.1(高さ)×7.57(奥行)mm、重量は約165g(バッテリー含む)。ボディカラーは、Amber Sunrise、Breathing Crystal、Pearl white、Aurora、Blackを用意する。

 

ディスプレイは、「P30 Pro」が6.47型フルHD+有機EL(2340×1080ドット)、「P30」が6.1型フルHD+有機EL(2340×1080ドット)を装備。フロントカメラ部周囲は、円形のノッチを備える。セキュリティ機能では、いずれもディスプレイ内蔵の指紋センサーを採用した。

6.47型の大画面ながら、持ちやすいサイズ感を実現

 HUAWEI P30 Pro(以下、P30 Pro)は6.47型の有機ELディスプレイを搭載している。画面アスペクト比は19.5:9で、解像度は1080×2340ピクセル。画面上部には水滴型のノッチ(切り欠き)があり、そこにインカメラを搭載している。前モデルの「HUAWEI P20 Pro」(以下、P20 Pro)は、ノッチにインカメラと通話用のスピーカーを搭載していたが、P30 Proでは、ディスプレイから音が聞こえる仕組みになっている。

HUAWEI P30 Pro

さらに、カメラ機能が向上。「P30 Pro」のメインカメラは、ライカと共同開発したカメラ3基(2000万画素[超広角]+4000万画素[広角]+800万画素[望遠])およびToFカメラ1基(深度センサーカメラ)という4眼カメラを採用。「P30」のメインカメラは、ライカと共同開発したカメラ3基(800万画素[望遠]+1600万画素[超広角]+4000万画素[広角])という3眼カメラを採用した。

10倍ハイブリッドズーム撮影

 P30 Proの神髄は「Leica Quad Camera」にあると言って差し支えないだろう。4つのカメラは、4000万画素の広角カメラ(27mm/F1.6)+2000万画素の超広角カメラ(16mm/F2.2)+800万画素の望遠カメラ(125mm/F3.4)に、3D情報を取得できる「ToFカメラ」を加えた構成になっている。Leicaがどこまで開発に関わっているのかは分からないが、Leicaが認めた画質で撮れると考えていいだろう。

 

 

 

 前モデルP20 Proのトリプルカメラでは、光学3倍ズームに対応しており、5倍までは画質がほとんど劣化しないハイブリッドズームで撮影できた。P30 Proでは、望遠カメラの焦点距離が125mm(35mmフィルム換算)になり、光学ズームは5倍、ハイブリッドズームは10倍へと進化を遂げた。ズームの性能はいかほどか? 筆者が撮った作例を見ていただこう。

加えて、いずれも「RYYBセンサー」を装備。ISO感度において、「P30 Pro」がISO409600、「P30」がISO204800を実現するという。このほか、広角カメラと望遠カメラは、OIS(光学式手ブレ補正)に対応した。インカメラは、両機種ともに3200万画素だ。

 

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-SP600N (Siri)・クイックサウンド設定を使う設定法

スポーツ向け防滴性能を搭載した
ワイヤレスノイズキャンセリング・ヘッドホン「WI-SP600N

今回は細かい使い方についてご紹介します!!

 

ヘッドホン部 *1
型式 密閉ダイナミック型
ドライバーユニット 口径6mm(CCAWボイスコイル採用)
マグネット ネオジウム
質量 *2 約21g(アークサポーター含まず)
ヘッドホン部(その他)
電源 DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間 約1.5時間
充電方法 USB充電
電池持続時間(連続音声再生時間) 最大6時間
電池持続時間(連続通話時間) 最大6時間
電池持続時間(待受時間) 最大200時間(NC OFF), 最大10時間(NC ON)

音声アシスト機能(Siri)を使う

iPhoneに搭載されているSiriを起動して、ヘッドセットのマイクから声でiPhoneを操作することができます。

  1. Siriを有効にする。

    iPhoneで[設定]–[Siri]の順に選択し、Siriをオンにします。

    上記の操作は一例です。詳しくは、iPhoneの取扱説明書をご覧ください。

    注: Siriについて詳しくは、iPhoneの取扱説明書やサポートページをご覧ください。

  2. ヘッドセットをiPhoneにBluetooth接続する。
  3. iPhoneにBluetooth接続した状態で、待受け中や音楽再生中にボタンを長押しする。

    Siriが起動し、起動音が聞こえます。

  4. ヘッドセットのマイクを通して、Siriに頼みごとをする。

    Siriと連携しているアプリなどについて詳しくは、iPhoneの取扱説明書をご覧ください。

  5. 続けて頼みごとをする場合は、Siriが解除される前にボタンを短押しする。

    Siriを起動した後、頼みごとをしないで一定時間が経つと、ビープ音が鳴りSiriが解除されます。

     

クイックサウンド設定を使う

クイックサウンド設定を行うと、ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)の設定、また、イコライザー設定が簡単にできます。

  1. ヘッドセットとBluetooth機器を接続する。
  2. ヘッドセットを装着する。
  3. Bluetooth機器で音楽を再生して、音量を調整する。
  4. NC/AMBボタンを2回押して、クイックサウンド設定をオンにする。

    音声ガイダンス「Quick sound settings」(クイックサウンド設定をオンにしました)が流れます。

    クイックサウンド設定をオンにするとイコライザー設定が「Excited」に、外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)がノーマルモードに切り替わります。

    クイックサウンド設定をオフにするには、再度NC/AMBボタンを2回押します。音声ガイダンス「Off」(クイックサウンド設定をオフにしました)が流れます。イコライザー設定、ノイズキャンセリング/外音取り込み機能はオンにする前の設定に戻ります。

360fly 4K VRアクションカメラのレビュー

360fly 4K

米国生まれのこのカメラは、ボール状のボディにカメラセンサーを1つだけ搭載したもの。
これで水平360度、垂直240度の視野角をカバーします。

同じ360度カメラの、サムスンGear 360、ニコンKeyMission 360などは1台のデバイスに2個のカメラセンサー(レンズ)を搭載し、それぞれで同時撮影して1つの映像として記録するシステムなんですが、この場合複数のレンズが捉えた映像を結合する「ステッチ処理」後の境目が不自然になりやすいんです。
この問題を解消しているのが360fly 4Kの一つの特徴です。

高い耐久性能

360fly 4Kの一番の特徴は、なんといっても高い耐久性能だ。水深10mまで対応する防水性能、IP6X相当の防じん性能、1.5メートルからの落下に耐える耐衝撃性能を備えています。
動作温度は-20度から+40度。
まさしく360度対応“アクションカメラ”と呼ぶにふさわしい仕様となっています。

カメラとしての性能

レンズはF2.5と明るめで、動画撮影時の解像度・フレームレートは最大2,880×2,880ドット・24/30fps。
このあたりは現行4K対応全天球カメラと同じようなスペック。
ちなみにサウンドの方は2つの内蔵マイクでステレオ録音可能となってます。

記録媒体

記録媒体は64GBの内蔵メモリのみ。
単純計算(ビットレートは約50Mbps)で3時間分以上を記録できるものの、microSDカードなどの追加は出来ません。
防水・防じん性能を重視した結果なのかも知れませんが、ここはちょっと残念な部分です。

また、スペックシート上では動画の連続録画時間が45分となってます。
他の360度対応カメラに比べるとやや短めに感じますね。バッテリーの交換も不可なので、1台で長時間の撮影を繰り返す使い方には向きません。専用のクレードルにセットした状態で充電しながら録画することも可能ではありますが、充電端子が特殊な形状なので、充電しながらマウントを使用することが出来ない構造になってます。よって、充電しながら撮影できるシチュエーションは非常に限定されてしまいます。

マウント類

360fly 4K

360fly 4Kは、底面にカメラ三脚用のねじ穴が設けられているので、三脚や既存の三脚用マウントがそのまま利用できます。
コレは嬉しいですね。
また、GoProマウントから三脚穴に変換するアダプター「マウントキット」が付属してますので、GoProユーザーならGoPro用のアクセサリーを転用できます。

もちろん専用のマウント類もラインアップされており、吸盤で固定する「サクションマウント」、自転車・バイク向けの「ハンドルバーマウント」、ヘルメットにベルトで固定する「ベンデッドヘルメットマウント」、伸縮可能な「POVポール」などが入手可能でです。

本体の操作

本体の操作はいたってシンプル。液晶などはなく、ボタン1つのみと、あとは光る色で判断です。
1つだけ備えるボタンで、電源のオン・オフ、撮影のスタート・ストップが行なえます。

360fly 4K

マニュアル

添付されているのは簡易版なので、メーカーホームページのユーザーガイドがオススメです。

詳細版です。360fly 4K Androidマニュアルと iOSマニュアルがあります。

360fly 4Kユーザーガイド

スマホアプリ

本体で出来る操作は電源を入れる(4秒長押し)、電源を切る(3秒長押し)、撮影(クリック)しかできません。スマホアプリは必須です。

360fly 4K
360fly 4K

撮影モード、撮影解像度の変更も含め、全ての設定、プレビュー表示などは、専用のスマートフォンアプリから制御します。撮影モードは、大まかには動画撮影、タイムラプス撮影、静止画撮影、バースト(連写)撮影の4つと、選択肢は絞られてますが、一般的な使い方には十分だと思います。

この専用アプリでは、本体の制御以外にも、撮影したデータのスマートフォンへのダウンロードと閲覧が可能です。
閲覧時は画面のスライド操作や端末の向きに応じた視点変更ができるのに加え、Google CardboardなどのVRスコープ用に画面分割するVR表示も可能になっています。撮影した360度映像を、すぐにスマホVRで確認できるというわけです。

360fly 4K

ちなみに360flyオリジナルのVRスコープ「モバイルVRビューワー」もオプションとして用意されています。

こちらは4.5〜6インチのスマートフォンに対応し、ヘッドバンド付きでセンター合わせや焦点距離の調整も可能となっています。

PC用動画編集ソフト

360flyシリーズ向けには、PC用動画編集ソフトも提供されています。
360fly 4Kで撮影した動画のPCへのダウンロード、映像の回転方向の変更、トリミング、動画の結合、再生速度変更など簡易的な編集が行なえ、YouTubeやFacebookでVR表示可能な動画形式に変換することも可能になってます。

デスクトップアプリ

Windows版、Mac版があります、

360flyのドックをPCにつなぐと、USBストレージモードで接続できます。USBメモリなどと同じです。

Windowsで見るとこんな感じです。

DICM/100_3FLY

の中をデスクトップアプリで指定します。

こんな感じでPCにインポートすることができます。

再生はマウスでぐるぐる動かす感じでの再生です。

写真の場合

写真を書き出してみます。このように魚眼レンズで撮影したようなデータが取得できました。解像度は3456×3456です。





エクスポートでパノラマ画像に変換して保存もできます。

解像度は3840×1280です。

動画の場合

動画をそのまま保存すると、魚眼状態のmp4データとなります。

デスクトップアプリでエクイレクタングラー形式に変換することもできます。解像度は4種類から選べます。
最高で3840×1920です。4kサイズです。

まとめ

360fly 4Kは、全天球型ではない為、それらのカメラと比べて視野角は制限されています。
どちらかというと、アクションカメラの発展型として考えるのが正しいのかと思います。
そう考えればGoProのような“従来型”カメラの延長のような使い勝手で気軽に使え、使い方の幅も広く優れたカメラと言うことになります。

録画時間の短さや充電方法が特殊である点はちょっと残念ですが、高い耐久性能・安定性は目を見張るものがあります。
投げたり転がしたり水場で使ったりと、ヘビーな使い方をしていても常に安定して動作します。突如フリーズしたり、録画がストップしてしまうといった不安定さは今の所皆無です。

今後VR時代の一角を占める有力なアクションカメラブランドになるのではないでしょうか。

360Fly 4K VR Action Video Camera with 360fly VR Smartphone Headset Stable Tripod and Deluxe Accessory Bundle [並行輸入品]

新品価格
¥82,611から
(2018/11/4 14:46時点)

360fly 4K VRアクションカメラ 4K対応 360°動画・静止画 64GB内蔵メモリー搭載 FL364KZ111

新品価格
¥45,548から
(2018/11/4 14:46時点)

『GoPro HERO4 Session』をBluetoothでスマホ・iPhoneに接続・ペアリングの設定法

GoProのモデル、HERO4 Session。

超小型、軽量のボディながらも他モデルに勝るとも劣らない高画質の動画撮影可能です!

そのBluetoothの接続法をご紹介します!!

 

GoPro HERO4 Sessionのスペック

製品コンセプトと仕様は下記の通りです。

GoPro史上最小・最軽量の扱いやすいカメラに、GoProならではの魅力を 凝縮しました。防水設計のタフなボディはハウジング不要。ワンプッシュで電源が入り、自動的に撮影を開始。ミニマルの極致でありながら、プロフェッショナルの要求にも十分に堪えうる高画質を実現しています。

新世代のGoProスタイルは、ウェアラブルカメラの原点を見つめなおして誕生した圧倒的な小ささと軽さ。本体重量わずか74g、従来比40%の小型化を果たしながら水深10mの撮影が可能。ワンボタンでスタートする1080p/60fpsの高画質動画、8MPの静止画。本体は最小限のボタン配置に留め、スマートフォンとの連携により多彩な機能を発揮します。

www.tajima-motor.com
  • カメラサイズ : 38.2㎜(横)×38.2㎜(高さ)×36.4㎜(奥行)
  • カメラ重量 : 75g
  • 防水性能 : 10m
  • 静止画撮影(最大画素数) : 800万画素
  • 最大解像度 : 1440p
  • 入出力端子 : micro USB, microSD

ポイントは、小型軽量のボディと、ハウジング無しでの10m防水機能でしょう。

撮影品質は、4Kや2.7Kこそ撮影できないものの、1440p30と1080p60という高画質撮影が可能で、GoProならではの超広角レンズも健在です。

なおHERO4シルバーやHERO+LCDのような液晶タッチパネルはついていないので、撮影にはスマホアプリを使用するのがオススメです。

 

1. BluetoothでスマホとGoProを接続

まずはAppStore、GooglePlayからGoProアプリをダウンロードしましょう。

起動すると次のような画面が表示されます。「CONNECT YOUR CAMERA」をタップ。セットアップを進めましょう。

GoProアプリ

製品を選択します。

アプリで接続可能なモデルが一覧で表示されるのでわかりやすいですね。今回はHERO4 Sessionを選択します。

20152

2. アプリ内でWi-fiの初期設定

画面の表示に従って進んでいくとBluetoothのペアリングのための画面が表示されます。ペアリングのためのコードはGoPro本体の液晶部に表示されているのでそれを入力しましょう。

GoProアプリ

この後、Wi-fiのセットアップ画面が表示されます。Wi-fi名と接続用のパスワードを聞かれますので入力しましょう。

3.スマホとGoProをWi-fi接続

Bluetooth接続は、Wi-fiの初期設定のためだけに使用されます。アプリで撮影するにはWi-fi接続が必要です。

スマホのWi-fi接続画面を開き、GoPro本体と接続しましょう。SSIDとパスワードは先ほど設定したものを使用します。

GoProアプリ

SONYアクションカム HDR-AS50レビュー!!高性能なアクションカメラ

現在のアクションカメラ市場では海外のGoProが優勢ではありますが、国内メーカーもソニーをはじめリコー、Panasonicなどいわゆる大手メーカーも競って製品を投入しています。

HDR-AS50は、ソニーのアクションカメラのラインナップの中でも、最もリーズナブルに入手でき、かつ小型軽量で扱いやすいモデルです。上位機種と比べると撮影機能には若干劣る点はありますが、それでもアクションカメラとして備えるべきポイントはしっかりおさえており、ソニー製アクションカムの名に恥じない高性能な製品となっています。

HDR-AS50の基本性能

HDR-AS50の仕様については、CMOSセンサーには「1/2.3型 Exmor R センサー」が使用されています。これは、HDR-AS300よりも大型のCMOSセンサーになりますので、暗いシーンでの撮影で有利です。このCMOSセンサーの総画素数は1680万画素で、有効画素数としては1110万画素となります。
撮影画像は、先述したようにフルハイビジョンでの記録が可能で、モードを変えれば写真撮影も可能です。なお、逆光補正機能や風切り音防止機能なども搭載されていますので、車載カメラとして使用するのにも適しています。

仕様一覧

主な仕様をご紹介します。

イメージセンサー1/2.3型 Exmor R CMOSセンサー
総画素数約1680万画素
有効画素数(動画時)約1110万画素(16:9)
有効画素数(静止画時)約1110万画素(16:9)
f(35mm換算)f=18.4mm(ワイド), f=21.8mm(ナロー)
ブレ補正機能電子式(アクティブイメージエリア方式、アクティブモード搭載)
記録メディアMP4:メモリースティックマイクロ(MARK2)
MP4:マイクロSD/SDHC/SDXCメモリーカード(Class4以上推奨)
XAVC S HD:マイクロSDHC/SDXCメモリーカード(Class10以上推奨)
動画記録画素数/フレームレート<MP4>
PS:1920×1080 60p/50p
HQ:1920×1080 30p/25p
STD:1280×720 30p/25p
HS120(HS100):1280×720 120p/100p
<XAVC S HD>
60p/50p:1920×1080 60p/50p
30p/25p:1920×1080 30p/25p
24p:1920×1080 24p
本体内充電(付属バッテリーの満充電時間)約4時間25分
基本バッテリーシステムNP-BX1
外形寸法:幅×高さ×奥行約 24.2mm x 47.0mm x 83.0mm
本体質量約58g
撮影時総質量約83g

装着しやすく使いやすい、小型・軽量

本体重量83g(*1)のコンパクトボディに広角レンズを搭載。スリムな形状により風圧を受けにくいので、頭への装着や自転車への搭載などにもジャマにならず、スノーボードなどエクストリームスポーツのプレイ中でもハンズフリー(*2)の自由なスタイルで撮影できます。

十分な防水・耐衝撃性能

* 水深60m/ 連続30分まで。防水構造になっておりますが、すべての水圧において防水を保証するものではありません
* 録音される音が小さくなります

アクションカメラとなると気になるのが防水性能ですが、HDR-AS50では本体のみでは日常生活防水となります。しかし、防水ハウジングが標準添付されていますので、このハウジングを利用することで水深60メートルまでの防水性能が保証されます。また、耐衝撃性も兼ね備えている上、氷点下10度までの耐低温性能も誇ります。バッテリーには、連続動画撮影が165分可能なスタミナバッテリーが採用されています。なお、オプションの外部バッテリーを使用することで、撮影時間を延長することも可能です。

【防塵・耐衝撃性能について】
●防塵・耐衝撃性能については、傷やへこみがつかないことを保証するものではありません
●MIL-STD810F Method 516.5-Shockに準拠した厚さ5cmの合板上での1.5mからの落下テストをクリアしています。ただし、すべての状態において無破損・無故障・防水性能を保証するものではありません

【耐低温について】
●本機の動作温度は-10℃から40℃、保存温度は-20℃から60℃です
●周囲の温度が低いとバッテリーの性能が一時的に低下するため、使用できる時間が短くなります
●スキー場などの寒冷地で使用した場合、雪や水滴が付いたまま放置すると、アンダーウォーターハウジングのホールドレバーやバックルロックなど可動部のすきまに入った雪や水滴が凍り、動きにくくなる場合がありますので、ご注意ください

Wi-Fi接続機能でスマホとの連携も

HDR-AS50にはWi-Fi接続機能も搭載されているため、スマートフォンと連携してリモートコントロールもできます。画像の記録はマイクロSDカードにMPEG形式で記録されるためパソコンへの画像の取り込みもスムーズです。なお、撮影時には、GPS情報も合わせて記録されるため、動画編集時にマップ上で撮影地を表示したり、カメラの動く速さを表示したりすることが可能です。

簡単操作で撮影可能

HDR-AS50の使用方法はとても簡単で、本体の下部の蓋を開けて、マイクロSDカードを挿入し、電源を入れて録画ボタンを押すのみで録画が開始されます。なお、本体の電源が入っていない状態でも、録画ボタンを押すと自動的に電源が入り録画が開始されるため、スピーディーな録画が可能です。

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」本体のアップデート手順・やり方

完全独立型イヤホンのソニーの「WF-1000X」。左右のハウジングを結ぶ線がないケーブルレスでありながら、アクティブノイズキャンセリングの機能まで持っている、全部入りなモデルです

今回は本体のアップデートについてご紹介します! F-1000X アップデート手順(Android)

1 はじめに

本機のアップデートは、以下の手順で行います。なお、所要時間は約17分かかります。

  1. サーバーからAndroid 機器にデータをダウンロード。
    (ファイルサイズは約1MBです。)
  2. Android 機器からヘッドホンへデータを転送。
  3. ヘッドホンにてアップデートの実行。

注意1) アップデートのダウンロード中、データ転送中、アップデート実行中は、「本体を充電ケースに挿入」したり、「電源OFF」を絶対にしないでください。これらの操作をしてしまいますと、本機が使用できなくなることがあります。 注意2) 極力Bluetoothの接続が安定している環境でアップデートを行って下さい。
※電車など乗り物に乗っている状態やWi-Fiや電子レンジ、コードレス電話などの2.4GHz帯の電波が多く飛び交うような環境ではアップデートを行わないようご注意ください 注意3) WF-1000Xやスマートフォンのバッテリーライフが十分にあることをご確認の上アップデートを行って下さい

アップデートには、以下を満たすAndroid 機器(Android 4.4以降)を用意してください。

  • インターネットに接続されている。
  • 最新版の「Sony | Headphones Connect」(v2.1.2以降)がインストールされている事。

2 「Sony | Headphones Connect」を起動してください。

3 「Sony | Headphones Connect」とWF-1000Xを接続してください。

3.1 一度も「Sony | Headphones Connect」と接続したことが無い場合。

3.1.1 画面の指示に従い、接続してください。

3.1.2 接続が終わるとこの画面になります。

3.2 既に、「Sony | Headphones Connect」と接続したことがある場合。

3.2.1 「WF-1000X」を押下してください。

3.2.2 接続が終わるとこの画面になります。

4 アップデートが存在する場合は、「ヘッドホンのソフトウェアの更新が可能です。」と表示されます。

5 「詳細」を押下してください。

「バージョン 1.0.7」と表示されていることを確認してください。

6 「OK」を押下してください。アップデートが開始されます。

7 ダウンロード中の画面です。ダウンロードが終わると自動的に次の画面に遷移します。

8 転送中の画面です。転送が終わると自動的に次の画面に遷移します。

9 更新中の画面です。約1分かかります。この工程の間、「本体を充電ケースに挿入」したり、「電源OFF」を絶対にしないでください。
これらの操作をしてしまいますと、本機が使用できなくなることがあります。

10 ソフトウェアの更新が完了しました。と表示されます。

11 「OK」を押下してください。下記の画面が表示されます。

Androidの場合、上記6から10の手順で約17分かかります。

*上記7、8の手順で下記の表示が出て失敗する場合があります。

その場合は

  1. 「OK」を押下してください。
  2. WF-1000Xを一度充電ケースに格納してから取り出してください。
  3. 「Sony | Headphones Connect」を再起動し、再度1からアップデートを行ってください